メインメニューを開く

アザセリン(Azaserine)は、天然に存在するセリン誘導体、ジアゾ化合物である。プリン作動薬活性及びグルタミンとの構造類似性のため、抗腫瘍性と抗菌性を持つ。アザセリンは、グルタミン代謝に必須のグルタミンアミドトランスフェラーゼ競合阻害することにより作用する。

アザセリン
Azaserine.png
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
115-02-6 チェック
ATCコード none
PubChem CID: 5284344
ChemSpider 16735688 チェック
UNII 87299V3Q9W チェック
KEGG D03032  チェック
ChEBI CHEBI:74846 ×
ChEMBL CHEMBL1095699 チェック
化学的データ
化学式 C5H7N3O4
分子量 173.127 g/mol
テンプレートを表示

出典編集

  • Segel, G.B., et al. 1989. J. Biol. Chem. 264: 16399-16402. PMID 2789219
  • Hull, R.L., et al. 2007. Am. J. Physiol., Cell Physiol. 293: C1586-C1593. PMID 17804609
  • Wada, K., et al. 2008. J. Mol. Biol. 380: 361-372. PMID 18555071
  • Rajapakse, A.G., et al. 2009. Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol. 296: H815-H822. PMID 19136606
  • Angana Gupta Rajapakse, Xiu-Fen Ming, João M. Carvas, and Zhihong Yang. The hexosamine biosynthesis inhibitor azaserine prevents endothelial inflammation and dysfunction under hyperglycemic condition through antioxidant effects. http://ajpheart.physiology.org/content/296/3/H815.full
  • Lebedeva ZI, Kabanova EA, Berezov TT. 1986 Mar;12(3):413-20. 6-diazo-5-oxo-L-norleucine and azaserine as affinity inhibitors of glutamin(asparagin)ase.