アジナリア門ラテン語: Porta Asinaria)は、イタリア ローマの古代ローマ時代の城壁であるアウレリアヌス城壁に設けられた城門であり、アジナリア街道英語版が通過する位置に造られている。1574年、交通量の増大により北東側に隣接してサン・ジョヴァンニ門英語版が造られたことにより、この門は閉鎖された。中世には、ラテラノ宮殿が隣接していることから、アジナリア・ラテラネシス門(Porta Asinaria Lateranensis)聖ヨハネ門(Porta S. Johannis)と呼ばれていたこともある[1]

アジナリア門
Porta Asinaria
Porta Asinaria 2948.JPG
市外側のファサード
建設時期 275年頃
建築様式 旧市街の門
関連項目 ローマの古代遺跡一覧
の位置(ローマ内)
Roma Plan.jpg
テンプレートを表示
市内側のファサード

レンガ型枠仕上げのローマン・コンクリート製の外観は、少なくともホノリウス帝の頃までに造られたものである。それ以降、改修されたのは一部分で、アウレリアヌス城壁に造られた門の中で最も建設当時の姿を保っている建物である。

546年に起こった東ゴート軍勢によるローマ略奪では、この門が内側から開かれ東ゴート軍勢がローマ市内に進軍することになった。

アクセス編集

参考文献編集

  1. ^ Samuel Ball Platner, A Topographical Dictionary of Ancient Rome, Porta Asinaria, London: Oxford University Press, 1929.