メインメニューを開く

アスビョルン・ルートAsbjørn Ruud1919年10月6日 - 1989年3月26日)は1930年代に活躍したノルウェーの元スキージャンプ選手。

獲得メダル
 ノルウェー
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1938 Lahti 個人スペシャル・ジャンプ

ノルウェー南部のコングスベルグ生まれ。長兄シグムント、次兄ビルゲルとともに1930年代のジャンプ界を席捲した。

1938年、フィンランドラハティでの世界選手権で金メダルを獲得。8年後、1940年以来ナチス・ドイツノルウェー占領で中断されていたホルメンコーレンスキー大会第二次世界大戦後初の大会で優勝した。

1948年のサンモリッツオリンピックでは7位に入賞。長年のジャンプに対する努力から、同年のホルメンコーレン・メダルを兄ビルゲルに次いで受賞した。

外部リンク編集