アダム・フランス・ファン・デル・ミューレン

アダム・フランス・ファン・デル・ミューレン(Adam Frans van der Meulen または Adam-François van der Meulen、1632年1月1日1690年10月15日)はフランドルの画家である。フランス国王、ルイ14世に仕え、ルイ14世の事跡を描いた歴史画や肖像画を描き、「太陽王」というイメージを広げるのに貢献した。絵画における戦争画のジャンルを発展させた。

アダム・フランス・ファン・デル・ミューレン
Adam Frans van der Meulen
Pierre van schuppen-Largilliere.jpg
ニコラ・ド・ラルジリエールによる肖像画
生誕1632年1月1日
ブリュッセル
死没1690年10月15日
パリ
ファン・デル・ミューレンとシャルル・ルブランのデザインによるタペストリー「The defeat of the Count of Marsin」

略歴編集

ブリュッセルの公証人の息子に生まれた。1651年3月に画家のギルドの、ブリュッセルの「聖ルカ組合」にピーテル・スネイエルスの弟子として登録されている[1] 。スネイエルスはネーデルラント総督の宮廷画家として働いていて、戦闘の場面を描くことが得意であった。ファン・デル・ミューレンもスネイエルス同様、戦闘の場面を描き、特に描かれる馬の姿の見事さでフランスにも知られるようになり、1664年4月にフランスに招かれ、ルイ14世の宮廷で画家として働くことになった。ルイ14世の財務総監、ジャン=バティスト・コルベールの意を受けて絶対王政のルイ14世の権威を上げるために、ルイ14世の軍事的成功を記録する題材を描いた。1663年から王立のタペストリーの工房(Manufacture des Gobelins)でシャルル・ルブランのもとで働いた。一連のタペストリーのデザインのためにフランドルの風景画家ボウデヴィン(Adriaen Frans Boudewijns)を招き、ボウデヴィンはファン・デル・ミューレンの妹と結婚した。

ファン・デル・ミューレンの元で働いた画家にはヴァン・フヒテンブルグ(Jan van Huchtenburg[2])やマルタン(Jean-Baptiste Martin)がいる[1]

作品編集

油絵編集

版画編集

脚注編集

  1. ^ a b Hans Vollmer (Hg.): Allgemeines Lexikon der bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart, Band 24, Leipzig 1930, S. 159.
  2. ^ Ulrich Thieme (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Leipzig 1930, XXIV, S. 450f.

参考文献編集

  • Walter F. Kalina: Der Dreißigjährige Krieg in der bildenden Kunst. Diplomarbeit, Universität Wien, 2001.
  • Matthias Pfaffenbichler: Das Schlachtenbild im ausgehenden 16. und 17. Jahrhundert. Dissertation, Universität Wien, 1987.
  • Ulrich Thieme (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Leipzig 1930.
  • Helge Siefert: Zum Ruhme des Helden. Historien- und Genremalerei des 17. und 18. Jahrhunderts. München 1993
  • Giancarlo Sestieri: I pittori di battaglie. Maestri italiani e stranieri del XVII e XVIII secolo = Battle Painters. Italian and Foreign Masters of the XVII and XVIII centuries. DeLuca, Rom 1999, ISBN 88-8016-321-3.