メインメニューを開く

アップルゲイツ』(原題:Meet the Applegates)は、1991年アメリカ映画。アメリカの中流家庭を風刺したブラック・コメディ。『ヘザース/ベロニカの熱い日』のマイケル・レーマン監督が、本作でも毒を吐いている。淀川長治はこれを高く評価し、ビデオ発売時に推薦文を寄稿した。

アップルゲイツ
Meet the Applegates
監督 マイケル・レーマン
脚本 マイケル・レーマン
レッドビアード・シモンズ
製作 デニズ・ディ・ノヴィ
主題歌 デヴィッド・ニューマン
撮影 ミッチ・デュビン
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年2月1日
日本の旗 1992年8月1日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

自然破壊の進む南米の密林。昆虫たちはその元凶であるアメリカの発電所を破壊するために、平均的アメリカ人になりすまして、オハイオ州に住む。しかし、彼らも、平均的アメリカ人とやらに感化され変わっていく。

スタッフ編集

  • 監督・共同脚本:マイケル・レーマン

キャスト編集

外部リンク編集