アデライデ・ディ・サヴォイア (シュヴァーベン大公妃)

アデライデ・ディ・サヴォイア (イタリア語: Adelaide di Savoia)またはアーデルハイト・フォン・トゥリン (ドイツ語: Adelheid von Turin; 1050/2年ごろ – 1079年[1]は、サヴォイア家出身のシュヴァーベン大公妃英語版(在位: 1062年 - 1079年)。夫は、1077年にドイツ対立王にもなったシュヴァーベン大公ルドルフ・フォン・ラインフェルデン

アーデルハイト・フォン・トゥリン

シュヴァーベン大公妃
在位期間
1062年–1079年

出生 c. 1050
死亡 c. 1079
埋葬 聖ブラズィーン修道院
父親 オッドーネ・ディ・サヴォイア
母親 アデライデ・ディ・トリノ
公妃
子女
テンプレートを表示

生涯編集

アデライデの両親は、サヴォイア伯オッドーネとアルドゥイーノ家出身のアデライデ・ディ・トリノである。母方の祖父母には、トリノ辺境伯オルデリーコ・マンフレーディ2世ベルタ・ディ・ミラノがいる。ベルタ・ディ・サヴォイア(1055年に後の神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世と婚約)は姉にあたる。

Europäische Stammtafelnの系図によれば、アデライデは最初にギーゴ1世ダルボン英語版と結婚したというが、これは誤りである可能性が高い。実際には彼女は、1060/62年、10歳前後のころにシュヴァーベンの大公ルドルフ・フォン・ラインフェルデンと結婚した。

1069年、ルドルフはアデライデがハプスブルク家クレットガウ伯ヴェルナー1世と不倫したと主張して離縁した[2]。1071年、アデライデは教皇アレクサンデル2世の前で不義の疑いを晴らし、ルドルフはアデライデと復縁せざるを得なくなった[3]。同時期には皇帝ハインリヒ4世もアデライデの姉ベルタを離縁しようとして失敗している。

1077年、ドイツの諸侯がハインリヒ4世に反抗し、ルドルフを対立王に擁立した。3月26日、マインツ大司教ジークフリート1世の手によってルドルフとアデライデは戴冠した。ルドルフがザクセンでハインリヒ4世と戦っている間、アデライデはシュヴァーベンにとどまって夫の国を死守した[4]

1079年の復活祭の時期、アデライデは夫と遠く離れたホーエントフィール英語版城で死去し、聖ブラズィーン修道院英語版に埋葬された。

家族編集

ルドルフとの間に、少なくとも4人の子どもをもうけた。

脚注編集

  1. ^ Hlawitschka, ‘Zur Herkunft,' pp. 180, 189; Previté-Orton, Early History, p. 205
  2. ^ Hlawitschka, ‘Zur Herkunft,’ pp. 191ff; Creber, Alison (2019-04-22). “Breaking Up Is Hard To Do: Dissolving Royal and Noble Marriages in Eleventh-Century Germany” (英語). German History 37 (2): 149–171. doi:10.1093/gerhis/ghy108. ISSN 0266-3554. 
  3. ^ Previté-Orton, Early History, p. 232
  4. ^ Bernold, Chronicon, a.1077, 289; Meyer von Knonau, Jahrbücher, III, pp. 38f.

参考文献編集

外部リンク編集