アドルフォ・サルコリ

アドルフォ・サルコリ(Adolfo Sarcoli, 1867年3月6日[1] - 1936年3月12日)は、イタリア出身の声楽家作曲家

略歴編集

シエーナ出身。はじめマンドリン工房で働くが、テノール歌手に転向した。プッチーニと親交があり、『ラ・ボエーム』のロドルフォ役を演じた。上海で出演する契約だったが、辛亥革命で契約がふいになったので仕方なく1911年に来日し、声楽とギター、マンドリンを教えた[2]報知新聞記者の千葉周甫の協力で、三浦環帝国劇場歌劇部と『胡蝶の夢』(作曲・ハインリヒ・ヴェルクマイスター)を一幕やり、好評を得て帝劇と契約する[2]。その後日本に定住し、声楽教師として日本で初めてイタリアのベルカント唱法を伝え[2]原信子関屋敏子らを育てた。またマンドリン・ギター教師としても鈴木静一らを育てた。伊藤信吉の『ぎたる弾くひと』によれば、萩原朔太郎慶應義塾大学在学中、サルコリからマンドリンの指導を受けている。

作品編集

  • 月のセレナータ(マンドリン独奏曲)
  • ミモザの思い出(2台のマンドリン・ギター・ピアノ)[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 直江学美「日本におけるベル・カントの父、アドルフォ・サルコリの生涯」(金沢星稜大学人間科学部会『人間科学研究』4巻2号、2011)
  2. ^ a b c 「蝶々夫人」を1910-30年代に欧米で歌ったソプラノ歌手・三浦環の数奇な音楽人生坪井賢一、ダイヤモンド社、ダイヤモンドオンライン、2014.8.22

文献編集