メインメニューを開く
Anatol Lieven - Chatham House 2012.jpg

アナトール・リーヴェン(Peter Paul Anatol Lieven、1960年6月28日-)は、イギリス著作家ジャーナリスト政策アナリスト。ニュー・アメリカ財団上級研究員、キングス・カレッジ・ロンドンの国際関係論・テロリズム研究担当研究員。

ケンブリッジ大学ジーザス・カレッジで歴史学の学士および政治学の博士号取得。ジャーナリストとして『フィナンシャル・タイムズ』や『タイムズ』などに国際情勢や紛争について取材・寄稿。国際戦略研究の編集者、カーネギー国際平和財団の上級研究員を歴任した。

著作編集

  • The Baltic revolution: Estonia, Latvia, Lithuania and the path to independence, Yale University Press, 1993.
  • Chechnya: tombstone of Russian power, Yale University Press, 1998.
  • Ukraine & Russia: a fraternal rivalry, United States Institute of Peace Press, 1999.
  • America right or wrong: an anatomy of American nationalism, Oxford University Press, 2004.
  • Pakistan: a hard country, PublicAffairs, 2011.

編著編集

  • Ambivalent neighbors: the EU, NATO and the price of membership, edited by Anatol Lieven and Dmitri Trenin, Carnegie Endowment for International Peace, 2003.

記事編集

関連項目編集

外部リンク編集