アヌ(Anann、Anu)、あるいはアナ(Ana)は、ケルト神話の豊穣・肥沃を司る大地母神

アヌの両乳房

アヌはマンスターと強く結び付けられた女神だったようだ。『コール・アンマンドイツ語版』ではアヌの住処はマンスターであり、その地の豊穣の女神であるとされている[1]。またマンスター・キラーニー南方の2つの丘はダー・ヒーヒ・ナナン(アヌの両乳房英語版)と呼ばれている[1]。 一方で『サナス・ホルミク英語版』ではアヌを「アイルランドの神々の母」としており、また詩歌においてはアイルランドを指して「アヌの土地」と表現することがままあり[1]、マンスターに限らずアイルランド全体にも影響があったと考えられる。

別名としてダーナやダナンがあるが、これらは本来は別の存在を指す名であったとマイヤーは推測している[1]

編集

  1. ^ a b c d マイヤー 2001, p. 12.

参考文献 編集

  • 『世界神話辞典』 - アーサー・コッテル(柏書房
  • マッカーナ, プロインシァス 著、松田幸雄 訳『ケルト神話』青土社、1991年。ISBN 4-7917-5137-X 
  • マイヤー, ベルンハルト 著、鶴岡真弓 平島直一郎 訳『ケルト辞典』創元社、2001年。ISBN 4-422-23004-2