Ахалцихский уезд
ახალციხის მაზრა
アハルツィフ郡
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
Flag of Georgia (1918–1921).svg グルジア民主共和国および
Flag of the Georgian Soviet Socialist Republic (1922–1937).svg グルジア社会主義ソビエト共和国の郡
1841年 - 1930年

アハルツィフ郡の紋章

紋章

アハルツィフ郡の位置
チフリス県ロシア語版内における位置
首都 アハルツィフ
歴史
 - グルジノ・イメレチア県に設置 1841年1月1日
 - クタイス県ロシア語版に移管 1846年12月14日
 - チフリス県に移管 1867年
 - グルジア民主共和国領となる 1918年5月26日
 - グルジア社会主義ソビエト共和国領となる 1921年2月25日
 - 廃止 1930年
面積
 - 1897年 2,691 km2 (1,039 sq mi)
人口
 - 1897年 68,837 
     人口密度 25.6 /km2  (66.3 /sq mi)
現在 グルジアサムツヘ=ジャヴァヘティ州アスピンジャロシア語版アディゲニロシア語版およびアハルツィヘ基礎自治体ロシア語版の一部[1]
1902年の地図

アハルツィフ郡(アハルツィフぐん、ロシア語: Ахалцихский уездグルジア語: ახალციხის მაზრა)は、ロシア帝国グルジア民主共和国およびグルジア社会主義ソビエト共和国に存在したアハルツィフをその中心とし、1840年に設置されてからは主にチフリス県ロシア語版に属した。

沿革編集

ニコライ1世による1840年4月10日公布、翌1841年1月1日発効の「ザカフカース地方の管理機関」令によって、グルジノ・イメレチア県内に設置された[2]1846年12月14日にはカフカース総督府の命により、アハルツィフ郡はアッバス=トゥマン英語版とヘルトヴィを吸収する形で、クタイス県ロシア語版の一部へと再編成された[3]1867年にはさらにチフリス県ロシア語版へと移管された[4]。その後、ロシア帝国の崩壊とグルジア民主共和国グルジア社会主義ソビエト共和国時代を経て、1930年にアハルツィフ郡は廃止された[1]

地理編集

チフリス県の西端に位置し、面積は2365平方ベルスタ[5]。北側クタイス県との境はアハルツィフ山脈で隔てられており、西側バトゥーム州ロシア語版と南西側カルス州ロシア語版との境界も高い山となっている[5]。チフリス県内東側アハルカラキ郡ロシア語版との境のみが平坦である[5]。カルス州およびアハルカラキ郡との境にはクラ川が流れる[5]

1913年の時点で、アハルツィフ郡はアジゲン村、アツフル村、アツフル区、イドゥマラ村、ヴァルハン村、ヴァレ村ロシア語版、ウデ村、ウラヴェリ村、ウラヴェリ区、キジン村、コブリナン区、レピス村の13の区域に分かれていた[6]

社会編集

1897年ロシア帝国国勢調査ロシア語版によれば、郡の総人口は6万8837人(うち男性3万6807人、女性3万2030人)であり、使用言語別の主要な内訳は

となっていた[7]。郡都であるアハルツィフの人口は1万5357人[8]

住民の大部分は小麦栽培に従事していたが、低地部で栽培される林檎と梨もカフカース中に輸出される名産品となっていた[5]。養蜂も盛んで、蜂蜜や蜜蝋の山地としても知られていた[5]

脚注編集

  1. ^ a b ახალციხის მაზრა”. საქართველოს პარლამენტის ეროვნული ბიბლიოთეკა英語版. 2016年4月8日閲覧。
  2. ^ Алиева И. Х. “Из этнической истории азербайджанцев Борчалы до 1846 года (PDF)”. КлиоКавказ. p. 8. 2016年7月25日閲覧。
  3. ^ 20701. Высочайше утверждённое положение о разделении Закавказского края”. Руниверс. 2015年1月29日閲覧。
  4. ^ Области и губернии Грузии в составе Российской империи”. Геральдикум. 2016年1月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Ахалцых” (ロシア語). ブロックハウス・エフロン百科事典: 全86巻(本編82巻と追加4巻). サンクトペテルブルク. (1890-1907) 
  6. ^ Волостныя, станичныя, сельскія, гминныя правленія и управленія, а также полицейскіе станы всей Россіи съ обозначеніем мѣста ихъ нахожденія — К.: Т-ва Л. М. Фишъ, 1913. — С. 182.
  7. ^ Первая всеобщая перепись населения Российской Империи 1897 г. Распределение населения по родному языку и уездам Российской Империи кроме губерний Европейской России: Ахалцихский уезд — весь”. Демоскоп Weekly. 2016年1月27日閲覧。
  8. ^ Первая всеобщая перепись населения Российской Империи 1897 г. Распределение населения по родному языку и уездам Российской Империи кроме губерний Европейской России: Ахалцихский уезд — г. Ахалцих”. Демоскоп Weekly. 2016年1月27日閲覧。