メインメニューを開く

アフリカのチャイナタウンChinatowns in Africa)では、アフリカのチャイナタウンについて説明する。

マダガスカルモーリシャス南アフリカ中華街が顕著に1890年代からの中国移民を受け入れてきた。

初期移民はトランスヴァール共和国1852年 - 1910年、南アフリカに吸収)の金鉱、マダガスカルの鉄道で働いた。これらの多くの移民は搾取された。

今日では南アフリカが中国の人々の移住先として盛んである。

目次

マダガスカル共和国編集

首都アンタナナリボに多くが珠江デルタから来た中国人が住む(約3万人)。

モーリシャス共和国編集

首都ポートルイスにある。多くが客家人で、1944年に建てられた。

モロッコ王国編集

カサブランカにある。服飾産業に携わる移民が多い。

南アフリカ共和国編集

ヨハネスブルグの中華街は数世代に亙るが、近年の犯罪数の増加により、衰退傾向にある。

台湾人は国内広範囲に渡って生活し、1980年代に台湾生まれの移民が初めて国会議員になった。今日台湾の投資は南アフリカ経済に顕著である。

本土、香港、シンガポールの移民などがいる。

最初の中国移民は、1904年トランスヴァール共和国の採鉱に来た。

三合会の影響によって困難に巻き込まれたコミュニティーもあった。

外部リンク編集