メインメニューを開く

アフリカ座は日本の劇団。1997年1月に吉崎宏人により旗揚げされた。劇団理念は「とにかくアツい。油断すると喰われる」。2008年5月より中山浩が主宰を務める。

目次

第1次アフリカ座編集

前身編集

  • 1994年11月「夢巻品川心中」(オマケ上演:「短編・みなしごケン太」)(つかこうへい事務所・両国シアターχ)。この作品で後の主要メンバーとなる生方和代、中山浩、片岡宏一、大久保圭介などが参加。
  • 1996年8月、「にせサザ江さん―早苗と政夫―」(北区つかこうへい劇団・両国シアターχ)。この作品で小川まゆみ(後の侑紗)が参加。また、作品は第40回岸田国士戯曲賞最終選考対象となる。(参照:岸田国士戯曲賞受賞作・候補作一覧”. 2018年8月1日閲覧。

アフリカ座公演編集

  • 1997年1月 - 「お七物語」(オマケ上演:「短編・ラーメン屋の生涯」)(銀座小劇場)※旗揚げ公演。
  • 1997年8月 - 「渋谷爆発」(築地本願寺ブディストホール)
  • 1998年9月 - 「夢巻品川心中'98」(王子小劇場(現・花まる学習会王子小劇場))
  • 1998年9月 - 「以蔵のいちばん長い日~人を斬りたくなかった男~」(王子小劇場)
    • 王子小劇場アワード(現佐藤佐吉賞)の最優秀作品賞、最優秀脚本賞、最優秀演出賞(吉崎ひろと)、最優秀主演男優賞(佐藤和久)、最優秀主演女優賞(生方和代)、最優秀助演賞(中山浩)、優秀助演女優賞(小川侑紗)など各賞を受賞。[1]
  • 1998年12月 - 「以蔵のいちばん長い日」(オマケ上演:「生方和代・歌謡ショー」)(群馬県共愛学園ホール)
    • この群馬公演をもって第一次アフリカ座はいったん解散したが、2008年に中心メンバーであった中山浩が新たな座長として、メンバーも一新し活動を再開させ、現在に至る。

第1次アフリカ座の主なメンバー編集

  • 吉崎宏人(吉崎ひろと)。作・演出。
  • 生方和代
  • 中山浩
  • 佐藤和久
  • 片岡宏一
  • 小川侑紗
  • 大久保圭介
  • 池田健太郎
  • 外谷俊弥
  • 津原弾

外部リンク編集