アブドゥラウフ・フィトラト

ウズベキスタンの政治家、作家、思想家

アブドゥラウフ・フィトラトウズベク語: Abdurauf Fitratロシア語: Абдурауф Фитрат1886年 - 1938年)は、ウズベキスタンブハラ出身の政治家作家思想家である[1]

ウズベキスタンの切手に描かれるフィトラト(1996年)

生涯編集

 
フィトラトと同僚2人。ブハラにて撮影(1908年)

当時ロシア帝国による保護国であったブハラ・アミール国ブハラで生まれた[2]。1909年、彼はオスマン帝国イスタンブールへと留学し、文学、歴史について学んだ[3]。彼は1914年に帰国し、政治運動に参加するようになった。彼は青年トルコ人を基にして設立された革命集団、青年ブハラ人ウズベク語版英語版に参加し、ロシア革命の期間中はボリシェヴィキとともに革命活動を行なっていた。また彼は友人で同僚の間柄であったアブドゥルヴォヒド・ブルホノフウズベク語版と共に、ブハラから70人のトルキスタン人青年を1922年にドイツへ派遣し、現地の多くの大学で勉学に励ませていた。 1920年、フィトラトはブハラ人民ソビエト共和国の経済大臣・教育大臣に就任したが、1923年に失脚した。その後彼は中央アジアテュルク民族文化学者として働いていたが、1937年に大粛清の犠牲者となり逮捕、1938年に処刑された[4]

 
フィトラトのサイン

脚注編集

  1. ^ フィトラト,A.”. 三島市立図書館. 2013年5月24日閲覧。
  2. ^ Debate between a Teacher from Bukhara and a European
  3. ^ Gramerimiz.Com
  4. ^ FEṬRAT, ʿABD-AL-RAʾŪF BOḴĀRĪ”. Encyclopædia Iranica. 2013年5月24日閲覧。