メインメニューを開く

アブドゥル・ハーミドベンガル語: আব্দুল হামিদ, ラテン文字転写: Abdul Hamid1944年1月1日 - )は、バングラデシュの政治家。現在、同国大統領を務めている。

アブドゥル・ハーミド
আব্দুল হামিদ
Abdul Hamid (politician).jpg
アブドゥル・ハーミド(2015年4月)

任期 2013年4月24日
首相 シェイク・ハシナ

任期 2009年1月25日2013年4月24日
元首 イアジュディン・アハメド
ジルル・ラーマン

任期 1996年7月14日2001年7月10日
議長 フマーユーン・ラシード・チョードリー
元首 アブドゥル・ラフマン・ビスワス
シャハブディン・アハメド

バングラデシュの旗 バングラデシュ
大統領代行
任期 2013年3月20日4月24日
元首 ジルル・ラーマン

出生 (1944-01-01) 1944年1月1日(75歳)
イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国、カマルプル
政党 アワミ連盟
大連合(2008年 - )
配偶者 ラシダ・ハーミド

経歴編集

キショレガンジ県のミタマイン郡カマルプル村に生まれる[1]。キショレガンジのグルダヤル国立大学で学んだ後、ダッカ大学傘下の中央法学校で法学士号を取得。キショレガンジ裁判所の見習い弁護士となった。

1970年に国会議員に初当選し、以後2009年まで7期務めた[1]。1996年にアワミ連盟が政権を取ったときには、国会副議長の役職にあった。2001年に野党院内副総務、2009年1月25日に国会議長に就任[2]。2013年にはバングラデシュ独立戦争における功績を認められ、独立記念日賞を受賞した。

2013年3月14日、ハーミドはシンガポールで病気療養中のジルル・ラーマンに代わって、バングラデシュの大統領代行に任命された[1]。その6日後にラーマンが死去する[3]と、同年4月22日に正式に大統領に就任した[4]。次の大統領を決める選挙ではハーミド以外に候補がいなかったため2018年2月7日に再選が確定[5]

人物編集

夫人との間に3男1女がいる[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d Speaker's Biography”. Bangladesh Parliament. 2011年3月22日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ List of Speakers, Bangladesh Parliament”. 2013年12月15日閲覧。
  3. ^ Bangladesh president Zillur Rahman dies in Singapore”. Firstpost. 2015年9月21日閲覧。
  4. ^ “Hamid elected president”. The Daily Star. (2013年4月22日). http://www.thedailystar.net/beta2/news/hamid-elected-president/ 2013年4月22日閲覧。 
  5. ^ “Abdul Hamid re-elected as president of Bangladesh”. India Today. (2018年2月7日). https://www.indiatoday.in/world/story/abdul-hamid-re-elected-as-president-of-bangladesh-1162874-2018-02-07 2018年2月8日閲覧。 
公職
先代:
ジャミルッディーン・シルカル
バングラデシュ国会議長
2009年 – 2013年
次代:
ショーカット・アリ
(代行)
先代:
ジルル・ラーマン
バングラデシュの大統領
2013年 -
現職