アブー・バクル・バーキッラーニー

アブー・バクル・バーキッラーニー(Abū Bakr Muḥammad ibn aṭ-Ṭayyib al-Bāqillānī, アラビア語: أبو بكر محمد بن الطيب الباقلاني‎; c. 940 - 5 June 1013) は、イスラーム教スンナ派神学者法学者、論理学者。アシュアリー派の神学理論を発展させた。修辞弁論に優れ、同時代人よりカラーム(神学)フィクフ(聖法学)の諸問題に関する議論に精通しているとみなされた。バーキッラーニーのラカブを含む尊号(尊敬を込めて呼ぶ呼び名)としては、 Shaikh as-Sunnah (スンナのシャイフ), Lisān al-Ummah (ウンマの舌), Imād ad-Dīn (信仰の柱), Nāsir al-Islām (イスラームの守護者), Saif as-Sunnah (スンナの剣) などがある。

情報源編集

バーキッラーニーの生涯に関する事項は、ハティーブ・バグダーディー英語版Taʾrīḫ Baġḍāḍカーディー・アイヤード英語版Tarīb al-mandarīk、などの伝記を情報源とする[1]

生涯編集

アブー・バクル・バーキッラーニーはヒジュラ暦330年(ユリウス暦950年)にバスラで生まれ、生涯のほとんどをバグダードで過ごした。バーキッラーニーは神学をアシュアリーの二人の弟子、イブン・ムジャーヒド・ターイー Ibn Mujahid at-Ta'i とアブー・ハサン・バーヒリー Abul-Hasan al-Bahili から学んだ[2]。また、聖法学をマーリキー派の法学者アブー・アブディッラー・ シーラーズィー Abu 'Abdillah ash-Shirazi とイブン・アビー・ザイド・カイラワーニー英語版から学んだ。それぞれの師からイザージャを承けると、バグダードでアシュアリー派法学とマーリキー派聖法学を教え始めた。バグダードや 'Ukbara (バグダードからそう遠くないところにあった町)の法官長(カーディーの長)を務めた。バーキッラーニーの説教は非常に評判を呼び、同時代の高名な学者がよく討論に訪れた。あまりに弁論・討論に巧みであったので、ブワイフ朝アミールアドゥードゥッダウラ 'Adud ad-Dawlah はコンスタンティノープルのビザンチン宮廷への遣使にバーキッラーニーを立て、ビザンツ皇帝の前で正教会キリスト教徒と議論させた。ヒジュラ暦371年(ユリウス暦981年)のことである。

バーキッラーニーはヒジュラ暦403年(ユリウス暦1013年)に亡くなった。

著作編集

バーキッラーニーは、クルアーンの模倣不能性(イジャーズル・クルアーン)こそが預言者ムハンマド預言者性ヌブッワ)を証明するとする説、クルアーンが永遠の神の言葉であるとする説(ジャフミー派への反駁)、執り成しの問題、神の可視性の問題について論じた。

イブン・タイミーヤは、最もすぐれたアシュアリー派神学者はバーキッラーニーであるとし、バーキッラーニーは空前絶後の存在であると評した[3]

バーキッラーニーの作に帰せられている著作は55タイトルに及ぶ。その大部分は聖法学的あるいは神学的問題を論じるものである。また立場を異とする者への反駁として書かれた著作が多い。

  • Al-Inṣāf fīmā Yajib I'tiqāduh
  • I‘jāz al-Qur’ān
  • Al-Intiṣār lil-Qur’ān
  • Al-Taqrīb wal-Irshād aṣ-Ṣaghīr
  • Kitāb Tamhīd al-Awāʼil wa-Talkhīṣ ad-Dalāʼil
  • Manāqib al-A’immah al-Arba‘ah

出典編集

  1. ^ McCarthy, R. J. (1960). "al-Bāḳillānī". In Gibb, H. A. R.; Kramers, J. H.; Lévi-Provençal, E.; Schacht, J.; Lewis, B.; Pellat, Ch. (eds.). The Encyclopaedia of Islam, New Edition, Volume I: A–B. Leiden: E. J. Brill. pp. 958–959.
  2. ^ Richard C. Martín, Encyclopedia of Islam & the Muslim World, Volume 1, p 105. ISBN 0028656032
  3. ^ at-tawhid.net. “Abû Bakr Al Bâqillânî - ابو بكر الباقلّاني (m.403) - at-tawhid.net”. at-tawhid.net. 2012年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月3日閲覧。