アラル川の戦いは、紀元前58年ガイウス・ユリウス・カエサルの指揮のもと、ヘルウェティイ族の移住部族と4個ローマ軍団(第7軍団、第8軍団、第9軍団ヒスパナ第10軍団エクェストリス)との間で行われた、ガリア戦争で最初の大規模な戦いである。

アラル川の戦い
ガリア戦争
戦争:アラル川の戦い
年月日紀元前58年
場所:アラル河畔(現:ソーヌ川)
結果:ローマ軍の勝利
交戦勢力
共和政ローマ ヘルウェティイ族
指導者・指揮官
ユリウス・カエサル ドゥムノリクス
戦力
6個 ローマ軍団
10,000 アウクシリア
92,000[1]
ガリア戦争

ヘルウェティイ族は、現在のスイスを起源とする部族であった。カエサルとの戦いの直前、彼らはローマの属州ガリアを通って、大西洋岸に向かって大移動を開始した。 [2]

ジュネーブでは、ローマ人はローヌ川に架かる木造橋を破壊し、19マイルに及ぶ要塞を建設した。ヘルウェティイ族は別ルートで移住を試み、いかだやボートを使ってアラル川(ソーヌ川)を渡った。 カエサルは斥候から情報を得て、ヘルウェティイ族と交戦を開始した。ヘルウェティイ族のうち、3つの部隊が川を渡り、カエサルは渡らなかった部隊を攻撃、多くのヘルウェティイ族を殺し、生き残った者を森の中に追いやった。 [2]

和平交渉は失敗に終わり、ローマ軍はヘルウェティイ族の後を追った。15日の追跡の後、カエサルは兵糧が不足したので、ビブラクテへ迂回することにした。 ヘルウェティイ族はローマ軍を攻撃したが、決定的な敗北を喫した。 [2]

カエサルに倒されたヘルウェティイ族は、ティングリニ族のパグス(亜族)の一部である。ティングリニ族は、紀元前107年に執政官ルシウス・カッシウス・ロンギヌスを殺害した。また、カエサルの義理の父であるルシウス・カルプルニウス・ピソ・カエソニウヌスの祖父のであるルシウス・カルプルニウス・ピソを殺害したことでも知られている。

脚注編集

参考文献編集