メインメニューを開く

人物・来歴編集

 
アラン・ブッシュ(右)(1952年)

1900年、ロンドン生まれ。

ハイゲート校、王立音楽アカデミーで学ぶ。後にベルリンに留学し、音楽学哲学を学び、さらに作曲ジョン・アイアランドに師事するようになった。ピアノベンノ・モイセイヴィチアルトゥル・シュナーベルに師事した。1925年から1978年まで王立音楽アカデミーで教鞭をとった。

教え子にマイケル・ナイマン等がいる。

マルクス主義の支持者として知られ、ロンドン労働者合唱連盟の指揮者の職にあり、1936年からは労働者音楽連合の議長となった。その影響はオペラ「ワット・タイラー」(1948-50年)や、最終楽章に共産主義者のテクストによる男声合唱が付いているピアノ協奏曲などからうかがうことができる。

他の作品には第1番ハ調、第2番「ノッティンガム」、第3番「バイロン」、第4番「ラスコー」の4つの交響曲、ピアノと管弦楽のための「イギリスの海の歌による変奏曲、夜想曲とフィナーレ」などがある。

1995年、ワトフォードにて逝去。94歳没。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

文献編集

  • Richard Stoker, ‘Bush, Alan Dudley (1900–1995)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004

外部リンク編集