メインメニューを開く

アリカ地震(アリカじしん)は、1868年ペルー南部からチリ北部、アリカ沖で発生した巨大地震である。津波などで25,000人以上が死亡し、ニュージーランド日本など太平洋の広い範囲にも津波が襲った。

アリカ地震
アリカ地震の位置(チリ内)
アリカ地震
本震
発生日 1868年8月13日
発生時刻 21時30分(UTC
震央  チリ アリカ沖
南緯18度30分
西経71度0分 (地図)
規模    M8.5 - Mw9.1
最大震度    改正メルカリ震度XI
津波 アリカ:16m
地震の種類 海溝型地震
被害
死傷者数 25,000以上
被害総額 3億ドル[1]
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示
津波襲来後のアリカ海岸
津波に遭遇し約400m内陸に打ち揚げられたUSS Wateree
アリカ地震津波後の様子、イラストレイテド・ロンドン・ニュース

9年後にはこの地震の震源域に隣接した南部でイキケ地震が発生した。

目次

概要編集

1868年8月13日16時45分(現地時間)、21時30分(UTC[2](20時45分(UTC)とも[3])に、南緯18.6°、西経71.0°付近のペルー・チリ海溝沿いで巨大地震が発生した。震源付近のアリカは当時ペルー領であったが、現在はチリ領である。

この地震の有感範囲は広く及び、北西側1400km以上離れたペルーのSamanco、東側ではボリビアコチャバンバまで及んだ。8月25日までに約400回の余震が記録されている。

この地震はナスカプレート南アメリカプレートとの収束型境界沈み込み帯で発生し、震源域では全長約600kmに亘って断層破壊が発生したと推定され、1604年の地震もほぼ同じ場所で発生しているが、1868年の地震の方がより広い範囲に断層破壊が及んだ[4]

津波編集

この地震によって発生した津波は52分後に第1波がアリカ沿岸に到達し12mの高さであり、最大波高16mは73分後であった[5]。アリカ沿岸では死者25000人を出したとも推定され、その他の波高はイキケで12m、タルカウアーノで5mであった。北米、カリフォルニア州サンディエゴで高さ0.3m、サンフランシスコでも0.2mであった。

さらに太平洋全体に波及、14日2時にハワイ島ヒロに到達し1.5m海面が上昇、最大で4.6mに達し、マウイ島では14日夜明けから海面の上下が見られ1日中続き、オアフ島では13日21時頃、地元の漁師が潮位の異常に気付いた[2]

15時間後の15日1時(現地時間)にはニュージーランドチャタム諸島に到達し家を破壊、人々は高台へ逃れた。

日本にも到達し、函館で2m、宮城県本吉郡伊豆下田でも観測され、那覇港では16-17回の津波が4時間続いた[6][7]

マグニチュードM 8.5 - 9.0と推定されるが観測網が未整備の時代の歴史地震であり、また地震モーメントは 7 - 10 ×1022 N・m[4]Mw 9.2 - 9.3)、あるいはMw 9.1[8]と見積もられている。津波マグニチュードはMt 9.0と推定されている[9]

参考文献編集

  1. ^ NOAA アメリカ海洋大気庁(NOAA) Earthquake Data and Information
  2. ^ a b USGS USGS Historic Earthquakes Arica, Peru (now Chile) 1868 August 13 21:30 UTC Magnitude 9.0
  3. ^ 宇津徳治 世界の被害地震の表(古代~現代)
  4. ^ a b Okal(2006) (PDF) Okal, E.A.; Borrero J.C. and Synolakis C.E. (2006): Evaluation of Tsunami Risk from Regional Earthquakes at Pisco, Peru. Bulletin of the Seismological Society of America 96 (5): 1634–1648.
  5. ^ Zamudio(2005) (PDF) Zamudio, Y.; Berrocal J. and Fernandes C. (2005). Seismic hazard assessment in the Peru-Chile border region. 6th International Symposium on Andean Geodynamics. pp. 813–816
  6. ^ 内閣府 (PDF) 防災情報のページ チリ地震津波とは何であったのか
  7. ^ 渡辺偉夫 『日本被害津波総覧 第2版』 東京大学出版会、1998年
  8. ^ DEFINING TSUNAMI SOURCES (PDF) Review of Tsunami Hazard and Risk in New Zealand. Institute of Geological & Nuclear Sciences Limited
  9. ^ 首藤伸夫、越村俊一、佐竹健治、今村文彦、松冨英夫 『津波の事典』 朝倉書店、2007年

関連項目編集