アリョーナ・ランスカヤ

アリョーナ・ランスカヤロシア語: Алёна Ланская)またはアレーナ・ランスカヤベラルーシ語: Алена Ланская)は、ベラルーシの歌手である[1]。2011年にヴィーツェプスク・スラヴャンスキー・バザールに優勝した[2]。2013年にスウェーデンマルメで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2013ベラルーシ代表に選出される[3]

アリョーナ・ランスカヤ
Алёна Ланская
アレーナ・ランスカヤ
Алена Ланская
Alyona Lanskaya 03.jpg
アリョーナ・ランスカヤ
基本情報
生誕 (1985-09-07) 1985年9月7日(35歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
白ロシア・ソビエト社会主義共和国の旗 白ロシア・ソビエト社会主義共和国モギリョフ
ジャンル ポップ
職業 歌手
活動期間 2011年 -

来歴編集

マヒリョウ(モギリョフ)で生まれ育ち、マヒリョウ経済専門学校にて金融実務を学び、その後マヒリョウ・ベラルーシ・ロシア大学を卒業する[4]。幼い頃より歌唱に関心を示し、多数の地方あるは国内の音楽大会への参加を続ける。

2005年にヴィーツェプスクで開催された音楽祭・スラヴャンスキー・バザールの中で行われたベラルーシ全国放送英語版の「ベラルーシの歌2005」に参加して『Тише-тише』を歌い、視聴者投票に基づき「銀の蓄音機」賞を受賞した[5][6]。2008年には『Подарил мне рассвет』が初めてのビデオ・クリップとなった。2008年にはブルガリアの音楽コンテスト「サランデフ(Сарандев)」にて楽曲『Don’t Lie』が表彰される。翌2009年にはロシアの「ヨーロッパ・カップ2009(Кубок Европы-2009)」にて優勝、同年「Everybody Get Up」は10週にわたってラジオ局ユニスタル(Юнистар)のチャートに入った。

2010年にはバンド「White Russia」として発表した楽曲「Supersensual love」にて「黄金の耳(Золотое ухо)」ラジオ賞を受賞する[5]。2010年に若手歌手を対象とする国際的な音楽大会・Atlantic Breeze 2010にて「Life is Ok!」を歌って優勝[4]、同曲のビデオ・クリップも作成された。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2012編集

2011年12月21日、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2012ベラルーシ代表を選出するEurofest2012の決勝に進出、2012年2月14日に「All My Life」を歌い優勝を果たし、アゼルバイジャンバクーで開催される同大会のベラルーシ代表となることが決まった[7][7]

しかし2月24日、プロデューサーが視聴者投票の結果を操作したとの噂に基づき、ベラルーシ大統領アレクサンドル・ルカシェンコがただちに調査を指示、ランスカヤの優勝は「不当」であると決定された。これによって、ユーロビジョン2012のベラルーシ代表の座は、Eurofest2012で2位であったライトサウンド英語版のものとなった[8]

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2013編集

2012年11月、前年はかなわなかったユーロビジョン・ソング・コンテストへの参加を目指して、楽曲『Rhythm of Love』で再度Eurofestに挑戦する。12月7日に決勝を迎えたEurofest2013にて、視聴者票、審査員票ともに最高得点を得て優勝を果たし、2013年にスウェーデンマルメで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2013のベラルーシ代表となることが決まった[9]

画像編集

脚注編集

  1. ^ Сергей АНДРИАНОВ. “Певица Алена Ланская стала самой молодой заслуженной артисткой //”. Kp.ru. 2012年11月25日閲覧。
  2. ^ Алена Ланская «родила» свою победу » Культура » Народныя навіны Віцебска”. News.vitebsk.cc (2011年7月13日). 2012年11月25日閲覧。
  3. ^ «Result: Alyona Lanskaya wins Belarusian national final»
  4. ^ a b Alena Lanskaya to represent Belarus at Eurovision 2012 in Azerbaijan” (2012年2月15日). 2012年12月10日閲覧。
  5. ^ a b Алёна Ланская
  6. ^ Наважылава, Вольга (2011). “Як «саламяная дзяўчынка» стала «белай ластаўкай»” (ベラルーシ語). Бярозка (6 (1000)): 57–61. ISSN 0320-7579. オリジナルの2020-03-14時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20200314104808/http://lim.by/limbyfiles/Berezka_6.pdf 2020年3月14日閲覧。. 
  7. ^ a b 17:49 (1985年9月7日). “Alyona Lanskaya to represent Belarus | News | Eurovision Song Contest - Malmö 2013”. Eurovision.tv. 2012年11月25日閲覧。
  8. ^ Litesound as new Belarusian representative in Baku”. 24 February 2012. Eurovision.TV. 2012年2月24日閲覧。
  9. ^ Alyona Lanskaya to represent Belarus in Malmö!”. EBU. 2012年12月7日閲覧。
先代:
ライトサウンド
ユーロビジョン・ソング・コンテスト・ベラルーシ代表
2013
次代: