メインメニューを開く

アリーアクバル・ヴェラーヤティー

2013年の大統領選挙時

アリーアクバル・ヴェラーヤティーペルシア語: علی اکبر ولایتی‎、Ali-Akbar Velayati、1945年6月25日 - )は、イラン政治家小児科医。元外務大臣(1981年-1997年)。現在は最高指導者国際(外交)問題担当顧問、公益判別会議議員[1]、イスラムの目覚め国際会議議長をつとめる。「アリー・アクバル」と分けて表記されることもある。「ヴェラーヤティー」の部分は日本メディアでは「ベラヤチ」または「ベラヤティ」と表記される。

テヘラン出身。1981年、当時大統領であったアリー・ハーメネイーは、ヴェラーヤティーを首相に据えようとしたが、議会の信任を得られず、結局ミールホセイン・ムーサヴィーが首相となった。

2013年6月のイラン大統領選挙に立候補したが、2,268,753票の5位に終わり落選した[2]

脚注編集