メインメニューを開く

アルギナーゼ

アルギナーゼ(Arginase、EC 3.5.3.1)は尿素回路の酵素の1つで、以下の化学反応触媒する。[1]

アルギナーゼ
1hq5.jpg
Arginase, Rat
識別子
EC番号 3.5.3.1
CAS登録番号 9000-96-8
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
アルギニン + L-オルニチン + 尿素

酵素はマンガン原子を含んでおり酵素活性にはマンガンが必要である。[2]

カフェインがアルギナーゼ活性を抑制するとラットで示された。[3][4]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ ENZYME: 3.5.3.1 (html)”. KEGG. 2016年1月31日閲覧。
  2. ^ Ash, Cox and Christianson (2000), Arginase: A binuclear manganese metalloenzyme, Manganese and its roll in biological processes, Metal ions in biological systems, 37 (Astrid Sigel, Helmut Sigel ed.), Mercel Dekker, pp. 408, ISBN 0-8247-0288-3 
  3. ^ “Effect of caffeine on metabolism of L-arginine in the brain”. Molecular and cellular biochemistry 244. (2003年). PMID 12701820. 
  4. ^ “The Effects of Caffeine on l-Arginine Metabolism in the Brain of Rats”. Neurochemical Research 34 (3). (2008年). doi:10.1007/s11064-008-9790-x. PMID 18618243.