メインメニューを開く

アルトゥーナ・マウンテンシティー

アルトゥーナ・マウンテンシティーAltoona Mountain City(s))は、1884年に、ペンシルベニア州アルトゥーナを本拠地とし、ユニオン・アソシエーションに加盟していたプロ野球チーム。

球団史編集

球団は1880年頃、ペンシルベニア州で評判のアマチュア球団だった。1883年にプロ化した際、インターステートリーグに参加したが、このリーグの所属チームは翌年イースタンリーグに大量移籍する。リーグの先行きに不安を感じていたチームは、1884年にユニオン・アソシエーション会長のヘンリー・ルーカスに参加を誘われ(当時ルーカスは7球団しかチームを勧誘できていなかったという)、この年創設されたユニオン・アソシエーションに参加することになる。

登録選手の中で以前からプロでプレーしていたのは控えのジャック・リアリーくらいで、殆どの選手はプロリーグの経験がなかった。チームは開幕から11連敗を喫し、ホームゲームの観客は1000人前後(何試合かは200人に満たなかったという)と観客動員も伸び悩んだ。チームは2ヶ月しか持たず同年5月31日の試合を最後に破綻、球団はカンザスシティに移っていった。出身選手の中で長くプロとして活躍したのは野手のジャーマニー・スミス位のものだった。

戦績編集

※順位は勝率による。

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1884年 UA 25 6 19 .240 10位 エド・カーティス Columbia Park

所属した主な選手編集

関連項目編集

主な球団記録編集

  • 通算安打数:34(ジャーマニー・スミス)
  • 通算勝利数:5(ジョン・マーフィー)

出典・外部リンク編集