アルフレド・ベリストレム

アルフレド・ベリストレム(Alfred Maurits Bergström、1869年1月15日[1] - 1930年11月15日[2] )はスウェーデンの画家である。スウェーデン王立美術院の教授を務めた。油絵、水彩画を描き、版画も制作した。

アルフレド・ベリストレム
Alfred Bergström
Alfred Mauritz Bergström - from Svenskt Porträttgalleri XX.png
生誕1869年1月15日
スウェーデン、ストックホルム
死没1930年11月15日
スウェーデン、Tullinge

略歴編集

ストックホルムの版画家の息子に生まれた。弟のオスカル・ベリストレム(Oscar Bergström: 1874-1931)はオペラ歌手になった。父親から、美術を学び、1887年から1889年の間は、スウェーデン王立美術院で学び、卒業制作で金メダルを受賞し、奨学金を得て、1894年から1895年の間、国外留学し、フランスや北アフリカ、オランダで修行した。スウェーデンに帰国後は海などの風景画を描き、都会の風景も描いた。

1898年から1901年の間、アカデミーで教え、1900年にアカデミーの会員に選ばれ[3]、1910年に教授の称号を得た。1911年から1913年の間、スウェーデン芸術家協会(Svenska konstnärernas förening)の会長を務めた[4]

1908年から、カール・ラーション、ゴットフリート・カルステニウス、グスタヴ・セーデルストレムらと、王立演劇場(Royal Dramatic Theatre)のロビー(ホワイエ)の壁画を制作した。

主に風景画を描き、冬の風景を得意とした。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Alfred M Bergström, Svenskt Biografiskt Lexikon-ID: 18674, läst: 6 november 2017
  2. ^ Alfred Maurits Bergström, RKDartists (på engelska), RKDartists-ID: 7268,
  3. ^ Lista över ledamöter av Konstakademien
  4. ^ Per Bjurström, Nationalmuseum 1792-1992.

参考文献編集