アルマン・ラッサンフォス

アルマン・ラッサンフォス(André Louis Armand Rassenfosse、1863年8月6日 - 1934年1月28日)はベルギーの画家、版画家、イラストレーターである。

アルマン・ラッサンフォス
Armand Rassenfosse
1930年のアルマン・ラッサンフォス
誕生日 1863年8月6日
出生地 ベルギー,リエージュ
死没年 1934年1月28日
死没地 ベルギー,リエージュ
テンプレートを表示

略歴 編集

リエージュに生まれた。何代にも渡って家具や工芸品を売る店を営む家系で、その仕事を継ぐつもりであったが、ナミュールの中学校に叔父の家から通っていた時、叔父からベルギーの象徴主義の版画家、フェリシアン・ロップスの版画を与えられてその世界に魅せられ、独学で版画の製作を始めた。中学校を卒業した後、家業を手伝い、家具の装飾で働いた。父親がリエージュの美術学校の学生オーギュスト・ドネー(Auguste Donnay:1862-1921)を雇ったことから、ドネーやその美術学校の友人と知り合いになり、リエージュの美術学校の校長のアドリアン・デ・ウィッテからも美術家として進むことを励まされた。25歳になった時、仕事でパリに出た時、あこがれていたフェリシアン・ロップスと会い、友人となり、2人は新しい版画の技法を試みていくことになった。

それから程なく家具商人の仕事をやめ、リエージュの版画出版社の美術監督になり、パリのポスター画家のジュール・シェレのもとで学び、高い品質のポスターの製作するようになった。

フェリシアン・ロップスとの関係から、象徴主義と関係のある作品を描き、象徴主義の詩人シャルル・ボードレールの詩集、『悪の華』の挿絵も描いた。1898年にフェリシアン・ロップスが亡くなった後、1900年頃から象徴主義のスタイルから遠ざかり、主に女性像を多く描くようになった。

国際的に高い評価を得た。ベルギーのレオポルド勲章を受勲した。

作品 編集

参考文献 編集

  • Maurice Des Ombiaux "Quatre Artistes Liégeois. A. Rassenfosse, Fr. Maréchal, A. Donnay, Em. Berchmans", Brussel 1907.
  • Nadine de Rassenfosse-Gilissen "Armand Rassenfosse peintre-graveur-dessinateur-affichiste" Liège 1989.
  • Joost De Geest (dir.) "Armand Rassenfosse" Brussel 2005.
  • Nadine de Rassenfosse, Pierre Gilissen, Michel Wittock "Rassenfosse of de schoonheid van het boek" Koning Boudewijnstichting, erfgoedreeks, Brussel 2015