アレクサンダー・リンジー (第4代バルカレス伯爵)

第4代バルカレス伯爵アレクサンダー・リンジー英語: Alexander Lindsay, 4th Earl of Balcarres、1690年頃 – 1736年7月25日)は、スコットランド貴族

生涯編集

第3代バルカレス伯爵コリン・リンジー英語版と4人目の妻マーガレット・キャンベル(Margaret Campbell、1747年5月没、第2代ラウドン伯爵ジェームズ・キャンベルの娘)の長男として生まれた[1]

1707年にスペイン継承戦争に参戦してフランドルを転戦、サン=ヴナン英語版の包囲戦で負傷したが、父が1715年ジャコバイト蜂起に参加したため、衛兵隊の中隊長になるのが1732年と遅れた[1]

1718年7月31日、エリザベス・スコット(Elizabeth Scott、1778年9月14日没、デイヴィッド・スコットの娘)と結婚したが[1]、2人の間に子供はいなかった[2]

1722年に父が死去すると、バルカレス伯爵の爵位を継承した[1]。1734年にスコットランド貴族代表議員に当選、以降1736年に死去するまで務めた[1]

1736年7月25日に死去、弟ジェームズが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (英語). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 378.
  2. ^ "Balcarres, Earl of (S, 1650/1)". Cracroft's Peerage (英語). 17 March 2005. 2019年8月13日閲覧
スコットランドの爵位
先代:
コリン・リンジー英語版
バルカレス伯爵
1722年 – 1736年
次代:
ジェームズ・リンジー