メインメニューを開く

アレクセイ・プロクロロフ(Alexey Alexeyevich Prokurorov、ロシア語: Алексе́й Алексе́евич Прокуро́ров1964年3月25日 - 2008年10月10日)は、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ヴラジーミル州Mishino近郊の村出身のクロスカントリースキー選手。1980年代から1990年代にソビエト連邦およびロシア代表として活躍した。

獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦/ロシアの旗 ロシア
男子クロスカントリースキー
オリンピック
1988 カルガリー 30 km
1988 カルガリー 4×10kmリレー
ノルディックスキー世界選手権
1997 Trondheim 30 km
1997 Trondheim 10 km
1989 Lahti 50 km
1993 Falun 4 x 10 kmリレー
1995 Thunder Bay 30 km
1997 Trondheim 10 km + 15 km 複合パシュート

プロフィール編集

1987年3月1日の30kmのレースでクロスカントリースキー・ワールドカップ初勝利、1988年カルガリーオリンピックでは30kmで金メダル、4×10kmリレーで銀メダルを獲得した。

ノルディックスキー世界選手権では、1997年30km金、同10km銀、1989年50km、1993年リレー、1995年30km、1997年複合パシュートで銅メダルの合計6個のメダルを獲得した。

ホルメンコーレンスキー大会の50kmで1993年と1998年の2回優勝、1998年にはホルメンコーレン・メダルを受章した(フレッド・ボーレ・ルンベルクラリサ・ラズチナハッリ・キルヴェスニエミと同時受章)。クロスカントリースキー・ワールドカップではホルメンコーレンスキー大会の2勝を含む通算9勝(2位6回、3位7回)、 ワールドカップ総合は1994-1995シーズンと1995-1996シーズンの4位が最高位だった。他にロシア選手権で計13個のタイトルを獲得している。

1998年長野オリンピック2002年ソルトレークシティオリンピックではロシア選手団の旗手を務めた。

2001-2002シーズン終了後現役を引退、その後ロシア女子クロスカントリーナショナルチームのチーフコーチを4年間務めた。

2008年10月10日、プロクロロフは地元ヴラジーミル州で、道路を横断中に酒気帯び運転の車にはねられて死亡した[1][2]

脚注編集

出典編集