アレグザンダー・リンジー (第2代クロフォード伯爵)

第2代クロフォード伯爵アレグザンダー・リンジー英語: Alexander Lindsay, 2nd Earl of Crawford1387年頃 – 1438年)は、スコットランド貴族。イングランド王ヘンリー6世からは「血族」(consanguineus)と呼ばれた[1][注釈 1]

生涯編集

初代クロフォード伯爵デイヴィッド・リンジー英語版エリザベス・ステュアート英語版(スコットランド王ロバート2世の娘)の息子として、1387年頃に生まれた[1]。1407年2月に父が死去すると、クロフォード伯爵位を継承したが、その時点では未成年だった[1]

スコットランド王ジェームズ1世の治世ではジェームズ1世が長期間イングランド王国の捕虜になっており、クロフォード伯爵は1421年にジェームズ1世の身代金交渉に関わり、自身も1406年から1427年までの間しばしばイングランドの捕虜にされた[1]

1424年5月21日、ジェームズ1世の戴冠式で騎士爵に叙された[1]。また、1429年から1430年まで在イングランド王国スコットランド大使を務めた[1]

1438年に死去、息子デイヴィッドが爵位を継承した[1]

注釈編集

  1. ^ 訳注:第2代クロフォード伯爵の母エリザベス・ステュアート英語版はスコットランド王ジェームズ1世の叔母にあたる。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 509.
スコットランドの爵位
先代:
デイヴィッド・リンジー英語版
クロフォード伯爵
1407年 – 1438年
次代:
デイヴィッド・リンジー