アレックス・ピナ

アレックス・ピナ(Álex Pina、1967年6月23日 - )は、スペインパンプローナ出身のテレビプロデューサー、著作家、脚本家、映像監督。テレビドラマシリーズの『ペーパー・ハウス』の製作を担当したことで知られている。

アレックス・ピナ
生誕Álex Pina
(1967-06-23) 1967年6月23日(54歳)
パンプローナ
国籍スペインの旗 スペイン
教育ナバーラ大学
職業テレビプロデューサー、著作家、脚本家、映像監督

経歴編集

1967年にバスク地方パンプローナに生まれた。ナバーラ大学を卒業し、エル・ディアリオ・バスコ紙やディアリオ・デ・マヨルカ紙やヨーロッパ・プレスなどでジャーナリストとして働いた。1993年から1996年にはビデオメディア社で台本作家や編集者として働いた。1996年にはグロボメディア社に入社し、テレビ番組の脚本家として働いた[1]。2016年にはグロボメディア社を退社し、自身の製作会社であるバンクーバー・メディア社を設立した。まずアンテナ3で放送される『ペーパー・ハウス』を手がけると、2017年5月に第1話が放送されたこの作品は大ヒットし[2]Netflixによって世界中に配信された[3]

脚注編集

外部リンク編集