メインメニューを開く

アレッポ 最後の男』(アレッポさいごのおとこ、آخر الرجال في حلب)は、2017年デンマークシリア合作のドキュメンタリー映画。監督はフィラス・ファイヤド英語版内戦中のアレッポを記録するものであり、ホワイト・ヘルメットの任務に焦点が当てられる。

アレッポ 最後の男
آخر الرجال في حلب
監督 フィラス・ファイヤ
脚本 フィラス・ファイヤド
製作 カリーム・アビード
ソーレン・スティーン・イェスパーセン
ステファン・クルース
製作総指揮 Anders Bruus
Mette Hoffman Meyer
音楽 Karsten Fundal
撮影 Fadi Al Halabi
Mujahed Abou Al Joud
編集 Michael Bauer
Steen Johannessen
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年1月23日 (SFF)
日本の旗 2017年5月23日 (テレビ放送)
日本の旗 2017年9月30日 (国連UNHCR 難民映画祭)
上映時間 104分
製作国  デンマーク
シリアの旗 シリア
言語 アラビア語
テンプレートを表示

2017年1月にサンダンス映画祭英語版でプレミア上映され、ワールド・ドキュメンタリー審査員大賞を受賞した[1]。また第90回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされている[2]

日本では2017年5月23日にNHK BS1で初放送された[3]。また同年9月30日には国連UNHCR難民映画祭で『アレッポ 最後の男たち』の題で上映された[4]。2018年10月にはスタンド・ウィズ・シリア・ジャパン主催イベントにおいて上映され、映像監督(シネマトグラフィ)のファディ・アル=ハラビーがスカイプ登壇した[5]。2年半かかった撮影の苦労や、映画制作にあたりロシア・アサド政権側のプロパガンダにより、撮影クルーが命を狙われ、中には命を落としたクルーもいたことを聴衆に訴えた。

参考文献編集

外部リンク編集