アングレーム条約(アングレームじょうやく、英語: Treaty of Angoulême)は1619年8月10日フランス王ルイ13世とその母マリー・ド・メディシスの間で締結された条約。条約はリュソン司教リシュリューが調停した[1]。条約は2人の和解を定め、2人の支持者の間の内戦を終結させた。

脚注 編集

  1. ^ France in the early 17th century”. Encyclopædia Britannica (2017年6月19日). 2017年7月20日閲覧。

外部リンク 編集