アンティグア・バーブーダの行政区画

アンティグア・バーブーダ行政区画は、6つの教区(Parish)と2つの属領区(Dependency)からなる[1]。また各行政区画は行政機能のない280つの地区(District)に区分される[2]

概要編集

アンティグア・バーブーダは、主にアンティグア島と属領のバーブーダ島レドンダ島の3島から成る国家である。地方行政制度は中央政府、地方政府の2層[2]。連邦制度は採っていないが、属領には一定の自治権が付与されている。

  • アンティグア島には6つの教区が設置されているが、議会などの行政機能は持っていない。統計ではセント・ジョン教区を、都市部(セントジョンズ市)と郊外部の2つに分割しており、7教区となっている。地方自治体に関する憲法上の規定はない[2]
  • バーブーダ島には1976年に制定された「バーブーダ地方自治体法」によって独自の地方議会であるバーブーダ議会が設置されている。地方行政制度における「地方政府」に該当するのは本議会のみとされる[2]
  • レドンダ島は現在無人島である。したがって地方政府等は一切設置されていない。1872年3月26日にアンティグア島のセント・ジョン教区へ編入されたが、1967年2月27日にアンティグア島の属領へ変更された[3][4]

地区はレドンダ島を除くすべての行政区画に設置されているが、行政機能は持っておらずあくまで地理的な区分である。例えば国内第3の都市リベルタは6つの地区に区分されている。また国内第2の都市であるオール・セインツは複数の教区に跨っており、セント・ジョン教区に3地区、セント・ピーター教区に6地区、セント・ポール教区に2地区がそれぞれ所属している。国勢調査は地区を基に実施されている[5]

行政区画一覧編集

行政区画 英語名 行政中心地[6] 面積[7]
(km2)
人口[7]
(2011年)
人口[8]
(2018年)
地区数[2] 地図
セント・ジョン教区 Saint John Parish セント・ジョンズ
(Saint John's)
73.8 51,737 56,736 169  
セント・ジョージ教区 Saint George Parish パーハム注1
(Parham)
23.9 8,055 8,817 22
セント・ピーター教区 Saint Peter Parish パーハム
(Parham)
32.9 5,325 5,706 17
セント・フィリップ教区 Saint Philip Parish カーライル注2
(Carlisle)
44.0 3,347 3,689 19
セント・メアリー教区 Saint Mary Parish ボランス
(Bolans)
59.0 7,341 8,141 20
セント・ポール教区 Saint Paul Parish イングリッシュ・ハーバー注3
(English Harbour)
47.9 8,128 9,004 28
バーブーダ島 Barbuda コドリントン
(Codrington)
160.6 1,634 -注4 5
レドンダ島 Redonda - 0.5 0 - -
アンティグア・バーブーダ Antigua and Barbuda セント・ジョンズ
(Saint John's)
441.6 85,567 92,093注4 280
注釈
  • 注1ピゴッツとする場合がある。
  • 注2フリータウン英語版とする場合がある。
  • 注3ファルマス英語版とする場合がある。なお出典にある「ネルソンズ・ドックヤード」はイングリッシュ・ハーバーにある歴史的施設(世界遺産)である。
  • 注4:バーブーダ島は2017年のハリケーン・イルマによって壊滅的被害を受け、住民の大多数が島外へ避難していたため欠測となっている。
  • 2011年の人口は国勢調査の最終結果の値。資料によっては暫定値といった別の値が用いられることがある。
  • 2018年の人口は推定値である。

脚注編集

  1. ^ Antigua and Barbuda/Government”. 中央情報局 (2021年6月8日). 2021年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e THE LOCAL GOVERNMENT SYSTEM IN ANTIGUA AND BARBUDA (pdf)”. イギリス連邦地方自治体フォーラム (2017年). 2021年7月1日閲覧。
  3. ^ History”. アンティグア・バーブーダ博物館. 2010年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月1日閲覧。
  4. ^ Redonda”. Worldstatemen.org. 2021年7月2日閲覧。
  5. ^ 2001 Census of Population and Housing (pdf)”. p. 43 (2004年7月). 2021年7月1日閲覧。
  6. ^ Parishes of Antigua and Barbuda”. Statoids.com (2015年6月30日). 2021年7月1日閲覧。
  7. ^ a b Antigua and Barbuda”. Citypopulation.de (2019年11月3日). 2021年6月22日閲覧。
  8. ^ Antigua and Barbuda 2018 Labour Force Survey Report”. アンティグア・バーブーダ統計局. p. 34 (2020年10月). 2021年7月1日閲覧。

関連項目編集