メインメニューを開く

アントニア・ジェレナ・リヴェラ(Antonia Gerena Rivera、1900年5月19日 - 2015年6月2日[1])は、プエルトリコで生まれ、アメリカフロリダ州マイアミ市に在住していた長寿の女性。存命中は、アメリカで3番目に高齢の人物(1位はジェラレアン・タリーで、リヴェラの死の15日後に死去。2位はスザンナ・マシャット・ジョーンズ)並びに世界で6番目に高齢の人物であった。プエルトリコ出身の人物では、エミリアーノ・メルカド・デル・トロ(1891年 - 2007年)に次ぎ史上2番目に長生きした人物であり、女性では最長寿である。

Antonia Gerena Rivera
アントニア・ジェレナ・リヴェラ
生誕 1900年5月19日
プエルトリコの旗 プエルトリコ
死没 2015年6月2日(満115歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
著名な実績
  • フロリダ州最長寿
  • アメリカで3番目の長寿
  • 世界で6番目の長寿

2013年3月21日エルシー・トンプソンの死去により、フロリダ州最高齢の人物となる。その後、1985年に死去したマシュー・ビアードの114歳222日の記録を更新し、フロリダ州歴代最高齢者となる[2]

2015年6月2日、115歳と2週間で死去。

関連項目編集

脚注編集