メインメニューを開く

アントワーヌ・ヴィールツ

アントワーヌ・ヴィールツ(Antoine Wiertz, 1806年2月22日 - 1865年6月18日)は、19世紀ベルギー画家彫刻家。ベルギー象徴派の先駆的な人物。アントワーヌ・ウィールツとも。

アントワーヌ・ヴィールツ
Antoine Wiertz
Wiertz selbst bildnis.jpg
『自画像』
生誕 1806年2月22日
ベルギーの旗 ベルギー ディナン[1]
死没 (1865-06-18) 1865年6月18日(59歳没)
ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
著名な実績 画家
代表作 麗しのロジーヌ、小説を読む女
運動・動向 象徴主義

神話などに題材を取ったルーベンス風の大画面の作品を制作する一方、死や狂気を描いた超現実的・幻想的な作品を遺した。代表作に「麗しのロジーヌ」(La Belle Rosine) など。

目次

略歴編集

ディナンに生まれた。1820年にアントウェルペン王立芸術学院に入学した。オランダ王ウィレム1世から奨学金を得ることができた。1829年から1832年の間、パリに留学し、ルーブル美術館の巨匠の作品を学んだ。

1828年にフランス政府が有望な学生に贈るローマ賞で、2位となり、1832年にもローマ賞に応募し、1834年から1837年の間、在ローマ・フランス・アカデミーに留学することができた。ローマ滞在中に歴史画の大作、『パトロクロスの遺体を争うギリシャ軍とトロイア軍』を製作した。この作品は1837年にアントウェルペンで展示され高い評価を得た。ベルギー帰国後はリエージュで活動した。

ブリュッセルにベルギー政府から建ててもらった旧アトリエを利用した国立ヴィールツ美術館がある。

代表作編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 幻のワロニー 文学雑誌『ワロニー』における地域主義的企図の生成と展開(9)”. 法政大学学術機関リポジトリ. 2018年1月18日閲覧。

外部リンク編集