アンドレア・アッピアーニ

アンドレア・アッピアーニ(Andrea Appiani、1754年5月31日 - 1817年11月8日)はイタリアの画家である。ナポレオンの政権の支配下のミラノで働いた。

アンドレア・アッピアーニ
Andrea Appiani
Appiani-Autoritratto 1790 - 1799 Brera.jpg
自画像
生誕1754年5月31日
イタリア,ミラノ
死没1817年11月8日
イタリア,ミラノ

略歴編集

ミラノの医者の息子に生まれた。1769年からミラノで医学を学び始めるが、美術に転じ、ミラノの画家、ジュディッチ(Carlo Maria Giudici:1723–1804)に学んだ。壁画の技法を学び、1777年に教会の壁画を描き、その後も多くの壁画を描いた。

1790年と1791年にローマ、パルマ、ボローニャ、フィレンツェ、ナポリを旅し各地の装飾画を研究し、ミラノでの仕事に役立てた。フランス革命の後、1796年に、ミラノがナポレオンの軍の支配下に入ると、ナポレオンやその家族の肖像画を描き、パリの送られる芸術作品を選定する委員を務めた。イタリア王にもなったナポレオン・ボナパルトの最初の宮廷画家に1804年に任じられた。ミラノのブレラ美術アカデミー(Accademia di Brera)の会員にも選ばれた。

1813年に脳卒中を患い、麻痺が残ったことにより、作品制作から離れた。1814年にナポレオンによって作られたイタリア王国が崩壊し、その2年後にミラノで死去した。

作品編集

参考文献編集

  • Giovanni Berchet, Allocuzione di Giovanni Berchet nei funerali del pittore Andrea Appiani: celebrati nella Chiesa della Passione il giorno 10 di novembre 1817, Ferrario, 1817.
  • Gaetano Bergamaschi, Le Opere di Andrea Appiani, Milano, 1849.
  • Antonio Caimi, Delle arti del disegno e degli artisti nelle provincie di Lombardia dal 1777-1862, Milano, Presso Luigi di Giacomo Pirola, 1862.
  • Angela Ottino Della Chiesa, Andrea Appiani, in Dizionario biografico degli italiani, vol. 3, Roma, Istituto dell'Enciclopedia Italiana, 1961. URL consultato il 21 marzo 2016. Modifica su Wikidata
  • Francesco Gianni, Poesie, Volumi 1-3, 1827.
  • Ugo Ojetti, APPIANI, Andrea, in Enciclopedia Italiana, Roma, Treccani, 1929. URL consultato il 18 febbraio 2015.