アンヌミナスAnnúminas)は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』に出てくる都市の名前。北方王国アルノールの都が置かれていた。シンダール語で「西の塔」の意。

概要編集

ヌーメノールの没落を逃れ、中つ国ゴンドール・アルノール両王国を興したエレンディルによって、第二紀3320年にイヴンディム湖畔に建設された北方王国の首都であり、ヌーメノール人たちの上級王の居所であった街である[1]
第三紀の900年ごろ、アルノールがアルセダインルダウアカルドランの三国に分裂した際にはアルセダイン王国領となる。のちにアルセダインの首都はフォルノストに遷され、当地は北方王国の都としての役割を終えることとなる。
なお、この都に置かれた北方王国のレガリアは「アンヌミナスの王笏」と呼ばれる。遷都とともにこの王笏もフォルノストに在ったが、1974年にアルセダインが滅亡した後、王笏を含むレガリアは裂け谷にて保管されることとなった。
指輪戦争が終結し、エレスサール・テルコンタールによってアルノール・ゴンドール両王国が再統一されたのち、アンヌミナスには王館が再建された。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ J.R.R. Tolkien, Christopher Tolkien (ed.), The Peoples of Middle-earth, "The Tale of Years of the Second Age", p. 176