アンメリス(Ammeris)は古代エジプトサイスの知事で、エジプト第26王朝の初代ファラオとされることもある[1]。アメレス(Ameres)とも。

アンメリス
Ammeris the Nubian
アメレス
Ameres
サイスの知事
統治期間 紀元前715/713年頃 - 695年頃[1]第26王朝
前王 バクエンレネフ
次王 テフナクト2世 (ステフィナテス)
死去 紀元前695年頃
テンプレートを表示

略歴編集

アンメリスの名は、エウセビオスによるマネトの歴史書『アイギュプティカ』の要約にのみ現れる。エウセビオスはアンメリスがヌビア人であるとし、12歳または18歳で第26王朝の初代ファラオになったとする[2]

紀元前720 - 716年 (紀元前715 - 712年とする説もある)頃、第25王朝のシャバタカは第24王朝のバクエンレネフを破り、自身に忠実な軍司令官をサイスの知事に任命した。この知事の本来の名前の記録は失われ、ギリシャ語化されたアンメリスまたはアメレスという名と、その故郷にちなむ「ヌビア人」(the Nubian) というあだ名が伝わっている。彼はステフィナテス (テフナクト2世) が後を継いだ紀元前695年までサイスを統治したと考えられている[2]

参考文献編集

  1. ^ a b Kitchen, op. cit., Table 4 (revised)
  2. ^ a b Kitchen, op. cit., § 116-8
  • Kenneth Kitchen, The Third Intermediate Period in Egypt (1100–650 BC), 1996, Aris & Phillips Limited, Warminster, 0-85668-298-5.