イオアン3世 (キエフと全ルーシの府主教)

イオアン3世Иоанн III , ? - 1091年8月14日)はキエフと全ルーシの府主教(在位:1090年-1091年)。ビザンツ出身。

経歴編集

1090年にフセヴォロド大公の娘ヤンカと共にキエフに到着した。彼はその時既に死病にかかっており、一年も経たぬうちに、1091年8月14日に死去した。

同時代人からは、特に学があるわけでもない「普通の人」と評された。去勢していたことが「過ぎし年月の物語」に記されている。

ユーリエフ主教マリンの叙聖を取り仕切った。


先代:
イオアン2世
キエフと全ルーシの府主教
1090年 - 1091年
次代:
ニコライ