イゴール・ペトレンコ

イゴール・ペトローヴィチ・ペトレンコロシア語: Игорь Петрович Петренко Igor Petrovich Petrenko1977年8月23日 - )はロシア連邦の俳優である。2002年の戦争映画『東部戦線1944英語版』が出世作となり、同年「ニカ」新人賞を受賞。2003年ロシア連邦国家賞(文芸と芸術部門)を受賞。2009年4月1日よりロシア映画人連盟のメンバーである。なお、名前の発音は「イーゴリ」と表記するのが一般的である。

イゴール・ペトレンコ
Игорь Петренко
Игорь Петренко
本名 Игорь Петрович Петренко
生年月日 (1977-08-23) 1977年8月23日(43歳)
出生地 ドイツの旗 ドイツ ポツダム
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシアの旗 ロシア
身長 183cm
職業 俳優
活動期間 2000年から現在
配偶者 イリーナ・レオノヴァ
(2000 – 2004)
エカテリーナ・クリモヴァ
(2004 – 2014)
クリスチャン・ブロディ(2016–)
主な作品
『東部戦線1944』(映画)
『ヴェーラの運転手』(映画)
『現代の英雄』(TV)
『隊長ブーリバ』(映画)
『名探偵シャーロック・ホームズ』(TV)
受賞
2002年「ニカ」新人賞
2003年ロシア連邦国家賞(文芸・芸術)他
テンプレートを表示

生い立ち編集

ドイツ再統一前の東ドイツポツダムの生まれ。ポツダムは軍人であった父の従軍先である。母は英語の通訳をしていた。彼が三歳の時、家族でモスクワに戻った。子供の頃の趣味はスポーツ(体操サンボ柔道)。学校は好きではないが、唯一好きな教科は英語だったという。

高校卒業後、シェープキン記念演劇大学の生徒募集を知り、冗談のつもりでテストを受けた所、何百人もの候補者の中から選ばれて入学。真剣に演技を学び始めた。

キャリア編集

2000年にシェープキン記念演劇大学を卒業し、モスクワマールイ劇場に入ったが、しばらくして絶え間ない撮影のために離脱した。

2001年、映画『条件反射』(イリダール・イスラムグロフ監督)でスクリーンデビュー。映画も彼の役柄も不成功に終わったが、続いて出演したTVシリーズ『モスクワの窓(2001)』(アレクサンドル・アラヴィン監督)で初めて注目を集めた。

ペトレンコの人気を決定づけたのは、2002年の映画『東部戦線1944("The Star"英語版)』(ニコライ・レベデフ監督)である。独ソ戦における偵察部隊の活躍を描いた戦争ドラマで、主人公のトラフキン中尉を演じた。また、この役柄によって、2002年の国内映画賞「ニカ」英語版の「今年の新人」部門に選ばれた。

そのほかの代表的な役柄として、映画では、『ヴェーラの運転手(2004)英語版』(パーヴェル・チュフライ監督[1])の純朴な運転手ヴィクター役、『隊長ブーリバ(2007)英語版』の悲恋に命を捧げるコサックの青年アンドレイ役などがある。

TVシリーズでは、『現代の英雄(2006)』の悩める青年将校ペチョーリン役、『名探偵シャーロック・ホームズ(2013)』(アンドレイ・カヴン監督[2])で従来の紳士的な名探偵像を覆したホームズ役などがある。なお、『名探偵シャーロック・ホームズ』で相棒ワトソン博士を演じた故アンドレイ・パニンとは、『ヴェーラの運転手(2004)』、『離脱(2011)』と合わせて3回の共演歴がある。

私生活編集

演劇学校在籍時に出会った女優イリーナ・レオノヴァ英語版 と2000年の卒業後すぐ結婚し2004年に離婚。女優エカテリーナ・クリモヴァ英語版 とTVシリーズ『モスクワの窓』で共演し、2004年に結婚。クリモヴァとは二児を得たが、2014年に離婚。離婚後、女優クリスチャン・ブロディと交際を始め、2016年に結婚。現在はサンクトペテルブルグにて、ブロディとブロディとの間に生まれた二児と共に暮らしている。

主な出演編集

舞台編集

『レニングラードのロマンス』(アレクセイ・アルブーゾフの戯曲『私の哀れなマラート』が原作、ピーター・ステイン演出)- マラート役

映画・TVシリーズ[3]編集

日本語題/原題 役名 備考
2001 条件反射/Условный рефлекс ロマン・ゾロトフ役、政治家の息子
モスクワの窓/Московские окна レオニード・テレホフ役
2002 東部戦線1944英語版Звезда ヴラジミール・トラフキン中尉役、偵察部隊の司令官 日本版DVDあり。
2003 地球で最高の街/Лучший город Земли レオニード・テレホフ役、コムソモールの秘書
カルメンКармен セルゲイ・ニキティン役、警察官
2004 ヴェーラの運転手英語版Водитель для Веры ヴィクター役、運転手 パーヴェル・チュフライ監督作。 アンドレイ・パニンと共演。
2006 現代の英雄/Герой нашего времени グリゴリー・ペチョーリン役 レールモントフの同名小説が原作。日本版DVDあり。
ウルフハウンド 〜天空の門と魔法の鍵〜Волкодав ニコライ・レベデフ監督作。日本版DVDあり。
2009 隊長ブーリバ(映画)英語版Тарас Бульба アンドレイ役、ブーリバ隊長の息子 ゴーゴリの同名小説が原作。
インターセプター/Запрещённая реальность マトヴェイ・ソボレフ役、スパイ 日本版DVDあり。
2010 タイム・ソルジャー/Мы из будущего 2 セルゲイ・フィラトフ役 日本語題『タイム・ジャンパー』の続編。ただし『タイム・ジャンパー』でセルゲイ役を演じるのは別の俳優。両作品とも日本版DVDあり。
2011 離脱/Отрыв アレクセイ・ミトロヒン役 アンドレイ・パニンと共演。
2013 名探偵シャーロック・ホームズШерлок Холмс シャーロック・ホームズ役、諮問探偵 AXNミステリーにて字幕版放送。日本では未ソフト化。
ブラグ/Булаг セルゲイ役 「ブラグ」はブリヤート共和国の集落名。
レンタルパパ/Папа напрокат イリヤ・ペトローヴィチ・ソロマチン役
2014 スノークイーン 少女ゲルダと雪の女王/Тайна Снежной королевы ヴァン役 日本版DVDあり。
2015 星から生まれた(女性)/Рождённая звездой パーヴェル・アレクサンドロヴィチ・シェホフスコイ役
2016 ヴァイキング(映画)英語版Викинг ヴァリャシコ役
黒猫/Чёрная кошка ヴィクトル・カラトフ役

主な受賞編集

  • 2002年 国内映画賞「ニカ」(新人部門) -『東部戦線1944(2002)』
  • 2003年 ロシア連邦国家賞(文芸と芸術部門) -『東部戦線1944(2002)』
  • 2009年 サンクトペテルブルグの映画祭「ビバ!ロシア映画!」 最優秀男優賞 -『隊長ブーリバ(2007)』

脚注編集

  1. ^ パーヴェル・チュフライ監督の代表作は『パパってなに?(1997)』など。
  2. ^ アンドレイ・カヴン監督の代表作は『怒りの戦場 CODE:PIRANAH(2006)』『カンダハル 怒りの大脱出(2010)』など。
  3. ^ kinopoisk.ru(ロシア語)”. 2017年3月8日閲覧。

外部リンク編集