イサーク・イスラエルス

イサーク・イスラエルス(Isaac Lazarus Israëls、1865年2月3日 - 1934年10月7日)はオランダの画家である。オランダの「印象派」を代表する画家である。

イサーク・イスラエルス
Isaac Israëls
Isaac Israëls - Zelfportret met doek van Javaanse prins Jodjana.jpg
自画像
生誕 1865年2月3日
オランダ,アムステルダム
死没 1934年10月7日
オランダ,デン・ハーグ
運動・動向 ハーグ派、アムステルダム印象派

略歴編集

アムステルダムで生まれた。父親のヨゼフ・イスラエルスは写実主義の画家からなる「ハーグ派」を代表する画家の一人であった。15歳で学校を止め、父親のもとで絵を学ぶとともに、デンハーグの美術アカデミーで学んだ。展覧会に出展を始め、作品の一つは裕福な「ハーグ派」の画家、ヘンドリック・ウィレム・メスダフに買い取られた[1] 。父親と一緒にフランス芸術家協会の展覧会を訪れ、1882年から出展を始め[2]、1885年には作品が選外佳作を受賞した[3][4]。1886年にアムステルダムの王立アカデミーに入学したが、学校には長く留まらず、アムステルダムの街や人々を描いて過ごした。ヘオルヘ・ヘンドリック・ブレイトネルウィレム・デ・ズワルトといった画家と親しくなった。夏は父親とデンハーグのリゾート地、スヘフェニンゲンで過ごし、ドイツの印象派の画家、マックス・リーバーマンらとも知り合った。

1904年にパリに移住し、モンマルトルに近くにスタジオを構えた、すぐ近くにはアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックが住んでいた。ロートレックやエドガー・ドガに影響を受けて、パリの人々を描いた。第一次世界大戦が始まる頃はロンドンに移っていて、ロンドンでは乗馬する人やバレーの踊り子やボクサーなどを描いていたが、戦争中はオランダに戻り、デンハーグやアムステルダム、スヘフェニンゲンで過ごし、肖像画家として働いた。戦後もパリやヨーロッパ各地を東南アジアなども旅した。1928年アムステルダムオリンピック芸術競技の絵画部門で金メダルを受賞した[5]

作品編集

脚注編集

  1. ^ Bugle Practice”. Netherlands Institute for Art History. 2019年6月15日閲覧。
  2. ^ Military Burial”. Netherlands Institute for Art History. 2019年6月15日閲覧。
  3. ^ Transport of Colonial Soldiers”. Kröller-Müller Museum, Otterlo. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。[リンク切れ]
  4. ^ Transport of Colonial Soldiers”. Netherlands Institute for Art History. 2019年6月15日閲覧。
  5. ^ Heijmans, Jeroen. “The first two Gold Medals won by Holland in the 1928 Olympic Games were won not in the Olympic Stadium but in the Stedelijk Museum” (Dutch). sportgeschiedenis.nl. 2014年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月18日閲覧。

参考文献編集

  • Buffa, Frans, & Zonen (1902). Catalogus der tentoonstelling van schilderijen en teekeningen door Isaac Israëls. Buffa/Boek- en Kunstdrukkerij v/h Roelofzen Hübner & Van Santen, Amsterdam. 26 p. Omslagontwerp van Isaac Israëls.
  • Erens, F. (1912). Isaac Israëls. Elsevier, Amsterdam. 15 p. (Hollandsche schilders van dezen tijd).