メインメニューを開く
イリナ・ゴドゥノヴァ

イリナ・フョードロヴナ・ゴドゥノヴァロシア語Ирина Фёдоровна Годунова / 英語:Irina Feodorovna Godunova, 1557年 - 1603年10月27日)は、モスクワ・ロシアツァーリフョードル1世の皇妃(ツァリーツァ)。

生涯編集

 
聖修道女としてのイリナ・ゴドゥノヴァの刺繍

1580年、当時政界に進出していた兄ボリス・ゴドゥノフによって、ツァーリイヴァン4世の息子フョードルに嫁いだ。

のち、1584年にイヴァン4世が死ぬと、フョードルがツァーリとなり、彼女はその皇妃(ツァリーツァ)となった。

だが、イリナはフョードルとの間には男子に恵まれず、彼らの一人娘フェオドーシヤも2歳で亡くなった。

その結果、1598年にフョードルが死ぬと、その摂政であった兄のボリスが帝位を継ぐこととなった。

フョードルの死後、イリナはノヴォデヴィチ女子修道院で修道女となり宮廷から退き、1603年にその生涯を終えた。