イリ将軍満州語: ᡞᠯᡞ
ᠵᡞᠶᠠᠩᡤᡞᠶᡡᠨ
 転写:ili jiyanggiyūn、総統伊犁等処将軍、そうとういりとうしょしょうぐん、簡体字中国語总统伊犁等处将军拼音Zŏngtŏng Yīlí dĕngchù Jiāngjūn)は、清朝期に設置された新疆の最高軍政長官。天山山脈北部の恵遠城(現在の新疆ウイグル自治区霍城県恵遠鎮)に駐箚した。

歴史編集

1759年乾隆帝によるジュンガル征服(清・ジュンガル戦争)により、旧ジュンガル領のイリ盆地タリム盆地は、清朝の支配下に入り、イチェ・ジェチェン(ice jecen、新疆、新たな征服地)と呼ばれた。1762年、清朝政府は、新疆支配の統括機関として、イリ将軍府を設置し、旗人明瑞(ミンシュイ)をイリ将軍に任命した。

清朝政府は、ジュンガルの統治政策を踏襲し、天山山脈北部を支配の中心地として重視し、1763年には天山山脈北部のイリ川北岸に恵遠城を築いて、イリ将軍の駐箚地とした。イリ盆地には、この他、塔勒奇城(霍城県三道河郷)・寧遠城(グルジャ市薩依布依街道)・恵寧城(グルジャ市巴彦岱鎮)・綏定城(霍城県水定鎮)・広仁城(霍城県芦草溝鎮)・瞻徳城(霍城県清水河鎮)・拱宸城(コルガス市六十二団)・熙春城(グルジャ市漢賓郷)が築かれ、イリ九城と称された。

1871年ヤクブ・ベクの新疆侵入に乗じて、ロシア帝国イリ地方を占領、恵遠城も破壊の対象となった。清朝は欽差大臣左宗棠を派遣して、1876年までにヤクブ・ベク軍を鎮圧。1881年には、ロシアとの間でイリ条約が締結され、多額の賠償金と引き換えにイリ地方は清朝の支配下に戻った。

1884年には、新疆省が設置され、中国内地と同様の行政制度が導入された。イリ将軍は、主に新疆北部の防衛を担う名目的存在となり、新疆の行政権は漢人官僚から任命される巡撫に移された。ロシアに破壊された恵遠城は新たに再建されたが、イリは新疆全域に対する政治的中心地の地位を失い、その地位は、新疆省の官衙が置かれた迪化(現在のウルムチ)に移った。辛亥革命後、イリ将軍の制度は廃止された。

行政制度編集

イリ将軍の配下には、イリタルバガタイカシュガルに駐屯する3名の参賛大臣が置かれ、ウルムチには、ウルムチ都統が置かれた。これらの下には、弁事大臣領隊大臣等の役職が設けられ、それぞれ各オアシス都市の統治を行った。イリ将軍以下、これら軍政官には、例外なく旗人官僚が任命された。

イリ将軍の指揮下には、旗人からなる満営と、漢人からなる緑営が置かれた。また、その他に、アムール川流域から移住させたシベソロンダグール等のツングース系民族からなる駐防八旗もイリ将軍の指揮下に置かれた。

清朝統治下の新疆では、軍事ポストが旗人により独占された一方、各地方の末端行政は、現地人有力者に委ねられた。早くから清朝に服属したハミトゥルファンの支配者らには、ジャサク制が適用され、モンゴル人貴族と同様の特権が付与された。また、タリム盆地の各オアシス都市の支配者に対しても、清朝の官職が与えられ、自治を行わせるベグ官人制が行われ、在地の社会構造がそのまま温存された。その一方、漢人の入植者が多い、新疆東部には中国内地と同様の行政制度が敷かれ、陝甘総督が管轄した。

清朝の新疆経営は、軍事的観点から行われており、漢人住民の移住だけでなく、駐屯軍の現地民との接触も禁止されていた。現地での徴税額も限られていたため、清朝中央政府は、内帑金(宮廷費)から毎年多額の軍事費を投入し、新疆の統治制度を維持した。

歴代イリ将軍編集

  • 明瑞(ミンシュイ) 乾隆27年10月 - 32年3月 鑲黄旗
  • 阿桂(アグイ) 乾隆32年3月 - 33年4月 正藍旗
  • イレトゥ(伊勒図) 乾隆33年7月 - 34年10月 正白旗
  • 永貴(ユングイ) 乾隆33年10月 - 34年10月 正白旗
  • 増海(ヅェンハイ) 乾隆34年10月 - 12月 正藍旗 宗室
  • イレトゥ 乾隆34年12月 - 36年7月 正白旗
  • シュヘデ(舒赫徳) 乾隆36年10月 - 38年7月 正白旗
  • イレトゥ 乾隆38年7月 - 48年6月 正白旗
  • ソノムチェリン(索諾木策凌) 乾隆41年 鑲黄旗
  • 明亮(ミンリャン) 乾隆48年6月 - 7月 鑲黄旗
  • ハイル(海禄) 乾隆48年7月 - 8月 蒙古正藍旗
  • イレトゥ 乾隆48年8月 - 57年7月 正白旗
  • 奎林(クイリン) 乾隆57年7月 - 59年9月 鑲黄旗
  • 永鐸(ユンド) 乾隆52年9月 - 11月 鑲藍旗 宗室
  • 保寧(ボーニン) 乾隆52年11月 - 55年6月 正白旗
  • 永保(ヨンボー) 乾隆55年6月 - 56年3月 鑲红旗
  • 保寧 乾隆56年3月 - 59年12月 正白旗
  • 明亮 乾隆59年12月 - 60年9月 鑲黄旗
  • 保寧 乾隆60年9月 - 嘉慶5年正月 正白旗
  • 松筠(スンユン) 嘉慶5年正月 - 閏4月 蒙古正藍旗 未赴任
  • 保寧 嘉慶5年閏4月 - 7年正月 正白旗
  • 松筠 嘉慶7年正月 - 14年3月 蒙古正藍旗
  • 晋昌(ジンチャン) 嘉慶14年3月 - 18年6月 満洲正藍旗
  • 松筠 嘉慶18年6月 - 20年10月 蒙古正藍旗
  • 長齢(チャンリン) 嘉慶20年10月 - 22年2月 蒙古正白旗
  • 晋昌 嘉慶22年2月 - 25年4月 満洲正藍旗 宗室
  • 高杞(ガオキ) 嘉慶22年2月 満洲鑲黄旗 署理
  • 慶祥(キンシャン) 嘉慶25年4月 - 道光5年11月 満洲正白旗
  • デインガ(徳英阿) 道光5年11月 満洲鑲藍旗 署理
  • 長齢 道光5年11月 - 6年7月 満洲正白旗
  • デインガ 道光6年7月 - 9年6月 満洲鑲藍旗
  • 玉麟(ユリン) 道光9年6月 - 12年9月 満洲正黄旗
  • テイシュンボー(特依順保) 道光12年9月 - 18年4月 満洲正白旗
  • 奕山(イシャン) 道光18年4月 - 20年3月 満洲鑲藍旗 宗室
  • 関福(グワンフ) 道光19年正月 - 20年3月 蒙古鑲白旗
  • ブヤンタイ(布彦泰) 道光20年3月 - 25年11月 満洲正黄旗
  • シュヒンガ(舒興阿) 道光 25年11月 満洲正藍旗 署理
  • サインガ(薩迎阿) 道光 25年11月 - 30年11月 満洲鑲黄旗
  • 奕山 道光30年11月 - 咸豊4年10月 満洲鑲藍旗 宗室
  • ジャラフンタイ(扎拉芬泰) 咸豊4年10月 - 6年10月 満洲正黄旗
  • 常清(チャンチン) 咸豊6年10月 - 7年4月 満洲鑲藍旗 宗室
  • ジャラフンタイ 咸豊7年4月 - 10年7月 満洲正黄旗
  • 常清 咸豊10年7月 - 同治3年10月 満洲鑲藍旗 宗室
  • 明緒(ミンシュ) 同治3年10月 - 5年5月 満洲鑲红旗
  • 李雲麟 同治5年5月 署理
  • 栄全(ルイチュワン) 同治5年5月 - 光緒2年10月 満洲正黄旗
  • 金順(ギンシュウェン) 光緒2年10月 - 11年8月 満洲鑲藍旗
  • シルン(錫綸) 光緒11年8月 - 12年8月 満洲正藍旗
  • セレンゲ(色楞額) 光緒12年8月 - 16年5月 満洲正白旗
  • フレミンゲ(富勒銘額) 光緒16年5月 満洲鑲白旗 署理
  • 長庚(チャンゲン) 光緒16年5月 - 27年7月 満洲正黄旗
  • 馬亮 光緒27年7月 - 31年6月 漢軍正黄旗
  • 広福(グワンフ) 光緒31年 - 32年 蒙古正藍旗
  • 長庚 光緒31年6月 - 宣統元年5月 蒙古正黄旗
  • 広福 宣統元年5月 - 3年正月 蒙古正藍旗
  • 志鋭(ジルイ) 宣統3年正月 - 10月 蒙古正紅旗
  • エレフン(額勒渾) 宣统3年11月 旗籍不詳

参考文献編集

  • 小松久男編『中央ユーラシア史』山川出版社 2000年(ISBN 978-4634413405), pp.305-317.