イルクーツク水力発電所

イルクーツク水力発電所は、アンガラ川に設けられたダム式の水力発電所で、イルクーツクエネルゴ社の所有である。この発電所はロシアイルクーツク州イルクーツクの近隣にあり、アンガラ・カスケードで最初に作られたダムである。[1]ダムの建設は1950年に開始され、貯水池への湛水は1956年に始まり、発電も同じ1956年に開始された。この発電所は東シベリアに作られた最初の大規模水力発電所であり、その完成はソ連によって技術的成功として歓迎された。[2][3]

イルクーツクダム
イルクーツクダムとイルクーツク市
イルクーツク水力発電所の位置(ロシア内)
イルクーツク水力発電所
ロシア国内でのイルクーツク水力発電所・イルクーツクダムの位置
所在地 ロシアイルクーツク州イルクーツク
位置
北緯52度14分34秒 東経104度19分43秒 / 北緯52.24278度 東経104.32861度 / 52.24278; 104.32861座標: 北緯52度14分34秒 東経104度19分43秒 / 北緯52.24278度 東経104.32861度 / 52.24278; 104.32861
河川 アンガラ川
ダム湖 イルクーツク貯水池
バイカル湖(高水時)
ダム諸元
ダム型式 ロックフィル・盛土
堤高 56 m
堤頂長 2740 m
事業主体 イルクーツクエネルゴ
着手年/竣工年 1950年/1956年
テンプレートを表示

発電所編集

 
水力発電所

発電所の建物は長さ240m、幅77m、高さ56mの高張力鉄筋コンクリート製である。 8基の発電機があり、それぞれの発電機の出力は82.8 MWで合計は662.4 MWである。この発電所は発電開始から通算で192×109 kWh、年平均で4.1×109kWhの電力を発電している。発電された電力はシェレホフ英語版にあるイルクーツク・アルミニウム工場に送られると共に、近隣地域に住宅用電力として供給されている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Irkutsk Dam”. Structurea. 2010年9月7日閲覧。
  2. ^ Irkutsk Hydroelectric Power Station General Information”. Irkutskenergo. 2010年9月7日閲覧。
  3. ^ Irkutsk Hydroelectric Power Station History”. Irkutskenergo. 2010年9月7日閲覧。

外部リンク編集