メインメニューを開く

トイヴォ・イルマリ・ハンニカイネンToivo Ilmari Hannikainen, *1892年10月19日 ユヴァスキュラ – †1955年7月25日 クフモイネン)は、フィンランド作曲家ピアニスト。実の兄弟とピアノ三重奏団を結成して、室内楽奏者としても活動した。

イルマリ・ハンニカイネン
Ilmari Hannikainen
Ilmari-Hannikainen-1920s.jpg
ピアノを弾くハンニカイネン
基本情報
出生名 Toivo Ilmari Hannikainen
生誕 1892年10月19日
フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国
ヴァーサ州 ユヴァスキュラ
死没 (1955-07-25) 1955年7月25日(62歳没)
 フィンランド
ヴァーサ州 クフモイネン
学歴 ヘルシンキ大学
ウィーン音楽院
ジャンル クラシック音楽
ロマン派
オペラ
職業 作曲家
ピアニスト
担当楽器 ピアノ

経歴編集

ペッカ・ユハニと兄ヴァイノも作曲家で、弟タウノチェリスト(後に指揮者)、もう一人の弟アルヴォヴァイオリニストという音楽家一家に育つ。1911年から1914年までヘルシンキ大学に学び、その後ウィーン音楽院にてフランツ・シュレーカーに作曲を、1915年から1917年までサンクトペテルブルクアレクサンドル・ジロティに、1919年パリアルフレッド・コルトーピアノを師事した。帰国後はヘルシンキ音楽院にてピアノ科の教員に採用され、その後ヘルシンキシベリウス音楽院の教授に就任した。

ハンニカイネンは、フィンランドの作曲界が後期ロマン派から印象主義へと向かう時期に作曲家として活動し、ピアノ協奏曲ピアノ五重奏曲オペラを1つずつ遺したほかに、数々の印象深いピアノ曲や歌曲を手懸け、映画音楽も作曲した。

1955年にクフモイネンで船旅の最中に溺死しており、アーッレ・メリカントなどの同僚からは自殺を図ったのではないかと看做された。

参考資料編集

脚注編集


外部リンク編集