インタードームロシア語: Интердом英語: Interdom)はインテルドームまたは国際子供の家とも呼ばれ、1933年にソ連イヴァノヴォに建てられた学校で、世界各国の共産党指導者の子弟が集められて通った学校である。 [1]

中国毛沢東の子供3人、劉少奇の子供2人なども1947年まで通っていた。[2]

ソ連崩壊後、チェルノブイリ原子力発電所事故に遭った子供たちが収容されたこともある。

参照項目編集

脚注編集

  1. ^ (ソ連の学校で世界の子供たちが合宿)“How children of the world united at a Soviet school” (英語). BBC News. (2013年10月4日). http://www.bbc.co.uk/news/magazine-24285175/ 
  2. ^ “「李樹華の戦時ソ連生活回顧」&「イヴァノヴォ学校の子供たち」” (中国語). 新京報. (2015年5月8日) 

外部リンク編集