インテグラル立体テレビ

インテグラル立体テレビ(インテグラルりったいテレビ)とは、NHK放送技術研究所で、2030年頃の実用化を目指し[1]開発されている3次元ディスプレイの方式の一つ。

微小レンズ群からなるレンズアレーを撮影・表示の双方に用いて立体感を再現する。水平7680×垂直4320画素の解像度を持つスーパーハイビジョンの応用技術として開発された。2009年時点では水平400×垂直250画素の解像度を実現している。 400×250画素の立体映像を構成する1要素画素一つ一つに数百画素分の立体映像情報を持たせ、あらゆる方向からの立体感を再現する。

研究Edit

  • 1990年後半 - 研究に着手[2]
  • 1999年 - NHK技研公開にて、第1試作機を発表[3]
  • 2002年 - ハイビジョン解像度の撮影素子または表示素子を縦横方向に2分の1ずらして配置することにより、4K相当の解像度を実現したカメラを適用した試作機を発表[4]
  • 2007年 - 上記の技術を使い、8K相当のカメラとプロジェクターを適用した試作機を発表[5]

脚注Edit

[ヘルプ]