イヴァン・アレクサンドロヴィチ (スモレンスク公)

イヴァン・アレクサンドロヴィチロシア語: Иван Александрович、? - 1359年)。スモレンスク大公1313年 - 1359年。

1313年に父アレクサンドルの後を継いだが、スモレンスク公位をめぐり、兄弟のブリャンスク公ドミトリーと争った[1]。この争いは、ジョチ・ウルスの援助の下での1334年スモレンスクの包囲戦を最後にして、ようやく和平が結ばれた。

後にリトアニア大公国ゲディミナスと同盟を結び、ジョチ・ウルスとの関係を絶った。一方、ジョチ・ウルスのウズベク・ハン1340年に、自分の従士と北ルーシの公からなる軍勢を送り込んだ。しかし、ジョチ・ウルス軍はスモレンスクに到着以前に離脱したため、イヴァンは和平を結ぶことができた。

1348年のストレヴァ川の戦い(ru)では、スモレンスク軍はリトアニア側に立ってドイツ騎士団と戦った。また、1351年セミョーンモスクワ大公ならびにウラジーミル大公)による攻撃を受けたが、大事には至らなかった。

妻子編集

子には以下の人物がいる。

出典編集

  1. ^ Л.Войтович КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ
  2. ^ Все монархии мира