メインメニューを開く

ウィツィリウィトルナワトル語: Huitzilihuitl ナワトル語発音: [wit͡siˈliʔwit͡ɬ] ( 音声ファイル)、1370年代-1417年ごろ)、またはウィツィリウィツィン(Huitzilihuitzin)はテノチティトラン第2代のトラトアニ(統治者)である(在位1396年-1417年[1]、別資料では1390年-1410年[2])。

ウィツィリウィトル
テノチティトランの第2代トラトアニ
在位期間
1396年-1417年
先代 アカマピチトリ
次代 チマルポポカ

出生 1379年ごろ
テノチティトラン
死亡 1417年
父親 アカマピチトリ
母親 テスカトラン・ミヤワツィン
配偶者 アヤウシワトル
カカマシワトル
ミアワシウィトル
ミヤワショチツィン
子女
チマルポポカ
トラカエレル1世
モクテスマ1世
ウェウェ・サカほか
テンプレートを表示

ウィツィリウィトルとは文字通りには「ハチドリ(huitzilin)の羽(ihhuitl)」を意味する[3]

生涯編集

家族と幼少期編集

ウィツィリウィトルはテノチティトランに生まれた。メシカの初代トラトアニであるアカマピチトリとその妻のテスカトラン・ミヤワツィンの子であり、後に第4代トラトアニとなったイツコアトルとは腹違いの兄弟にあたる。母方の祖父はアカシトリ(テノチティトランの町の建設者のひとり)であった。

16歳のときに父が死亡し、テノチティトランの指導者・戦士・神官たちはウィツィリウィトルをその後継者に選んだ。当時メシカはテパネカの都市国家アスカポツァルコに朝貢していた[4]

治世編集

ウィツィリウィトルは優れた政治家であり、父の政策をついで近隣の都市と同盟を結んだ。彼はトラトカン(tlatocan)という王室議会を設立し、各トラトアニの統治の初期、まだ経験の浅い新王を4人の終身選挙人が輔佐する制度を定めた[1]

 
ラミレス絵文書に描かれたウィツィリウィトル

ウィツィリウィトルは強大なアスカポツァルコのトラトアニであるテソソモクの娘のアヤウシワトルと結婚し[1]、朝貢の量を儀礼的な水準まで引き下げることを得た。子のチマルポポカが後に父をついで第3代トラトアニになった。アヤウシワトルの没後、ウィツィリウィトルはミアワシウィトルと再婚し、彼女の生んだモクテスマ1世もまた第5代トラトアニとして後をついだ[1][5]

ウィツィリウィトルの時代に織物産業が成長し、テノチティトランだけでなくアスカポツァルコやクァウナワクにも綿布を提供した。メシカはもはやアヤテ、すなわちアガベの繊維から作った粗い服を着る必要はなくなり、柔らかい、染められた木綿の服を着ることができるようになった[1][6]

ウィツィリウィトルはまた町に飲料水を引きこもうとして、湖の外から塩湖を越えて島へ水を通そうとした。しかし貴族たちが費用がかかるとして反対したため、計画を実現することはできなかった。ウィツィリウィトルは島の岩の上に砦を建てた[6]

1409年、テスココの統治者であるテチョトララが死に、イシュトリルショチトル1世が襲位した。その後イシュトリルショチトルとテソソモクの関係は悪化し、1416年ごろには敵対するようになった。ウィツィリウィトルは娘のマトラルチワツィンをイシュトリルショチトルに嫁がせていたにもかかわらず、義理の父の側についてテスココと戦った。ウィツィリウィトルはテソソモクを助けるかわりに戦利品を得、またテノチティトラン周辺の湖のカヌーによる交通からも利益を得た。

編集

ウィツィリウィトルはおそらくアスカポツァルコとテスココの戦争が終わる以前の1417年に没した。彼の子であるチマルポポカが後継者として即位し、テソソモクとアスカポツァルコの支援を続けた。

脚注編集

  1. ^ a b c d e García Purón (1984, p.31)
  2. ^ Orozco Linares (2005, p.20).
  3. ^ Huitzilíhuitl, “Pluma de colibrí” (1396-1417)” [Huitzilíhuitl, “Hummingbird Feather” (1396-1417)] (Spanish). Archeologia Mexicana. 2019年6月3日閲覧。
  4. ^ Álvarez (1987, entry "Huitzilopochtli"; Enciclopedia de México).
  5. ^ García Purón (1984, pp.35)
  6. ^ a b García Purón (1984, p.32)

参考文献編集

  • Álvarez, José Rogelio, ed (1987) (スペイン語). Enciclopedia de México. 7 (Edición especial, 2nd. ed.). México, D.F.: Compañía Editora de Enciclopedias de México, Secretaría de Educación Pública. ISBN 968-6234-00-4. OCLC 183190717. 
  • Chimalpahin Quauhtlehuanitzin, Domingo de San Antón Muñón (1997) [c.1621]. Codex Chimalpahin, vol. 2: society and politics in Mexico Tenochtitlan, Tlatelolco, Texcoco, Culhuacan, and other Nahua altepetl in central Mexico; the Nahuatl and Spanish annals and accounts collected and recorded by don Domingo de San Antón Muñón Chimalpahin Quauhtlehuanitzin (continued). Civilization of the American Indian series, no. 226. Arthur J.O. Anderson and Susan Schroeder (eds. and trans.), Susan Schroeder (general ed.), Wayne Ruwet (manuscript ed.). Norman: University of Oklahoma Press. ISBN 978-0-8061-2950-1. OCLC 36017075. 
  • García Puron, Manuel (1984) (スペイン語). México y sus gobernantes: biografías, vol. 1: México indígena -- la conquista -- el virreinato. Biblioteca mexicana, no. 32. with revisions by Salvador Rivero y Martínez (Revised ed.). México, D.F: Joaquín Porrúa. OCLC 11543389. 
  • León-Portilla, Miguel, ed (1980). Native Mesoamerican Spirituality: Ancient myths, discourses, stories, doctrines, hymns, poems from the Aztec, Yucatec, Quiché-Maya and other sacred traditions. edited with a foreword, introd., and notes by Miguel León-Portilla; translations by Miguel León-Portilla [et al.] ; preface by Fernando Horcasitas. New York: Paulist Press. ISBN 0-8091-0293-5. OCLC 6450751. 
  • Orozco Linares, Fernando (2005) (スペイン語). Gobernantes de México: desde la época prehispánica hasta nuestros días (16th impression, 3rd revised ed.). México, D.F.: Panorama Editorial. ISBN 968-38-0260-5. OCLC 78272361. 
  • Smith, Michael E. (2003). The Aztecs (2nd ed.). Malden, MA: Blackwell Publishing. ISBN 0-631-23015-7. OCLC 48579073. 

外部リンク編集