ウィリアムソン・マーレー

ウィリアムソン・マーレー(Williamson Murray, マーレイとも)はアメリカ合衆国歴史学者オハイオ州立大学名誉教授、防衛分析研究所(IDA)上席研究員。専門は軍事史、軍事理論。

1963年イェール大学歴史学部を卒業、5年間空軍に士官として勤務。イェール大学院に進学し、1971年修士、1975年Ph.D.(歴史学)の学位を取得。

イェール大学歴史学部講師(1975-1977年)、オハイオ州立大学歴史学部教授(1977-95年)、海兵隊大学校(MCU)教授(1995-97年)、国立航空宇宙博物館教授(1997-98年)、陸軍大学(AWC)教授などを経て現職。

空軍戦争大学(AWC)、海軍大学校(NWC)、陸軍士官学校でも教鞭をとった。軍事革命軍事における革命(RMA)の研究者としても知られる。

著書編集

単著編集

  • Strategy for Defeat: the Luftwaffe, 1933-1945. (Air University Press, 1983).
  • The Change in the European Balance of Power, 1938-1939: the Path to Ruin. (Princeton University Press, 1984).
  • German Military Effectiveness. (Nautical and Aviation Press, 1992).
  • Air War in the Persian Gulf. (Nautical and Aviation Press, 1995).
  • War in the Air 1914-1945. (Cassell, 1999).

共著編集

  • A War to be won: Fighting the Second World War, with Allan R. Millett, (Harvard University Press, 2000).
  • The Iraq War: a Military History with Robert H. Scales, Jr., (Harvard University Press, 2003).
  • The Iraqi Perspectives Report: Saddam's Senior Leadership on Operation Iraqi Freedom From the Official U.S. Joint Forces Command Report, with Kevin M. Woods, et al. (U.S. Naval Institute Press, 2006).

編著編集

  • The Emerging Strategic Environment: Challenges of the Twenty-First Century. (Praeger, 1999).
  • Army Transformation: a View from the U.S. Army War College. (Strategic Studies Institute U.S.Army War College, 2001).
  • National Security Challenges for the 21st Century. (University Press of the Pacific, 2004).

共編著編集

  • Military Effectiveness, 3 vols., co-edited with Allan R. Millett, (Allen and Unwin, 1988).
  • Calculations: Net Assessment and the Coming of WWII, co-edited with Allan R. Millet, (Free Press, 1992).
  • The Making of Strategy: Rulers, States, and War, co-edited with MacGregor Knox and Alvin Bernstein, (Cambridge University Press, 1994).
  • 『戦略の形成――支配者、国家、戦争』(歴史と戦争研究会訳、各・上下、中央公論新社, 2007年/ちくま学芸文庫, 2019年)、マクレガー・ノックス/アルヴィン・バーンスタインと
  • Military Innovation in the Interwar Period, co-edited with Allan R. Millet, (Cambridge University Press, 1996).
  • The Dynamics of Military Revolution, 1300-2050, co-edited with MacGregor Knox, (Cambridge University Press, 2001).
  • 『軍事革命とRMAの戦略史――軍事革命の史的変遷 1300-2050年』(今村伸哉訳、芙蓉書房出版, 2004年)、マクレガー・ノックスと
  • 石津朋之らと『日米戦略思想史――日米関係の新しい視点』(彩流社, 2005年)
  • 石津朋之らと『21世紀のエア・パワー ――日本の安全保障を考える』(芙蓉書房出版, 2006年)
  • The Past as Prologue: the Importance of History to the Military Profession, co-edited with Richard Hart Sinnreich, (Cambridge University Press, 2006).
  • 『歴史と戦略の本質 歴史の英知に学ぶ軍事文化』(今村伸哉監訳、原書房(上下), 2011年)、リチャード・ハート・シンレイチと