ウィリアム・コクラン (第5代ダンドナルド伯爵)

第5代ダンドナルド伯爵ウィリアム・コクラン英語: William Cochrane, 5th Earl of Dundonald1708年1725年1月27日)は、スコットランド貴族

生涯編集

第4代ダンドナルド伯爵ジョン・コクランと1人目の妻アン・マレー(Anne Murray、1687年10月31日 – 1710年11月30日、初代ダンモア伯爵チャールズ・マレーの次女)の息子として、1708年に生まれた[1]

1720年6月5日に父が死去すると、ダンドナルド伯爵の爵位を継承したが、自身も生涯未婚のまま1725年1月27日に死去、親族のトマス・コクラン(祖父の弟ウィリアムの次男[2])が爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1916). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Dacre to Dysart) (英語). 4 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 527.
  2. ^ "Dundonald, Earl of (S, 1669)" (英語). 2019年8月3日閲覧
スコットランドの爵位
先代:
ジョン・コクラン
ダンドナルド伯爵
1720年 – 1725年
次代:
トマス・コクラン