メインメニューを開く

ウィリアム・コートニー・シャーマン

アメリカ合衆国の外交官

ウィリアム・コートニー・シャーマン(William Courtney Sherman, 1923年9月27日 - )は、アメリカ合衆国外交官

生涯編集

1923年にケンタッキー州エドモントンにて誕生[1]。1946年にルイビル大学卒業[1]。1943年から1946年までアメリカ海軍に所属[1]。1946年から1948年までアメリカ陸軍の教育管理官として、軍政下の朝鮮ソウルに駐在[1]。1948年から1950年まで経済協力局に研究助手として勤務[1]。1950年から1951年まで再びアメリカ海軍に所属[1]

1951年に国務省外交局に入省し、情報研究局に調査分析官として配属[1]。1952年から1954年まで日本に駐在し、在横浜領事館で副領事、在東京大使館で政治担当官[1]。1956年から1958年までワシントンD.C.で情報研究専門官[1]。1958年から1960年までワシントンD.C.でベルギー部事務官[1]。1960年から1965年まで在ローマ大使館で政治担当官[1]。1965年から1966年までワシントンD.C.で人事管理官[1]。1966年から1967年まで国務副次官(総務担当)特別補佐官[1]。1967年から1968年まで国防大学に在籍[1]。1968年から1970年まで在神戸アメリカ総領事館にて首席事務官[1]。1970年から1973年まで在東京大使館で政治担当参事官[1]。1973年から1974年までワシントンD.C.で人事管理官[1]。1974年から1977年までワシントンD.C.で日本部長[1]。1977年から1981年まで駐日首席公使[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Nominations & Appointments, July 31, 1981”. Ronald Reagan Presidential Library (1981年7月31日). 2011年3月15日閲覧。
公職
先代:
リチャード・オーガスト・エリクソン
アメリカ合衆国国務省東アジア・太平洋局日本部長
1974年1月 - 1977年8月
次代:
ニコラス・プラット
先代:
トマス・シュースミス
在日本アメリカ合衆国首席公使
1977年 - 1981年
次代:
ウィリアム・クラーク